ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

サンタクローチェインジェルサレンメ聖堂

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2015年9月26日 (土)

移動: 案内, 検索

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂は、ローマにある、イエスが磔刑にされた十字架の一部を奉安するとされるカトリック聖堂。聖十字架のほか、イエスの荊冠の2本の棘、体に打たれた釘、イエスの墓の土などが収められている。エルサレムの聖十字架聖堂ローマの七大巡礼聖堂の一つ。

皇帝コンスタンティヌスの母ヘレナエルサレムに巡礼し、聖十字架などを発見。ローマに持ち帰った聖遺物を奉安するためにコンスタンティヌスが創建したという。10世紀には修道院が設置された。18世紀半ば、教皇ベネディクトス14世が改修した。

伽藍

  • 聖ヘレナ礼拝堂:イエスの墓の土が敷き詰められたという。
  • 聖遺物礼拝堂

参考文献

  • 浅香正監修『季刊文化遺産17 ローマ古寺巡礼』
http://shinden.boo.jp/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%A1%E8%81%96%E5%A0%82」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール