ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

一蓮寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年5月17日 (金)

移動: 案内, 検索

一蓮寺(いちれんじ)は、山梨県甲府市太田町にある時宗寺院。現在は時宗単立だが、元は時宗檀林寺院だった。甲斐一条氏の菩提寺。 甲府道場富士道場一条道場

目次

歴史

1312年頃創建。 1952年、単立寺院となる。 (『日本歴史地名大系』)

子院

  • 福生院
  • 梅柳院
  • 玉樹院
  • 東光院
  • 幸福院
  • 顕陽院
  • 玄龍院

(日本歴史地名大系)

組織

住職

歴代が法阿を名乗る。清浄光寺に晋山する住職が多い格式の高い地位だったことから「甲府上人」とも呼ばれた。

  • 1法阿朔日(?-1349)<1312->:法阿弥陀仏。一条時信の弟。俗名は一条宗信。1349年(正平4年/貞和5年)12月6日死去。
  • 2法阿(?-1360)<>:武田家出身。1360年(正平15年/延文5年)死去。
  • 3法阿(?-1364)<>:武田家出身。1364年(正平19年/貞治3年)死去。
  • 4法阿(?-1386)<>:武田家出身。1386年(至徳3年)1386年(元中3年/至徳3年)死去。
  • 5尊観法親王(1349-1400): 遊行上人12世。
  • (副住職)法阿(?-1394)<>:武田家出身。1394年(応永1年)死去。
  • 6法阿(?-1434)<>:武田家出身。1434年(永享6年)死去。
  • 7法阿(?-1448)<>:武田家出身。1448年(文安5年)死去。
  • 8法阿(?-1449)<>:武田家出身。1449年(宝徳1年)死去。
  • 9法阿(?-1459)<>:1459年(長禄3年)死去。
  • 10法阿(?-1486)<>:1486年(文明18年)死去。
  • 11法阿(?-1488)<>:1488年(長享2年)死去。
  • 12法阿(?-1517)<>:1517年(永正14年)死去。
  • 13法阿全立(?-1534)<>:1534年(天文3年)死去。
  • 14法阿徳屯(?-1544)<>:1544年(天文13年)死去。
  • 15法阿(?-1560)<>:1560年(永禄3年)死去。
  • 16法阿(?-1577)<>:1577年(天正5年)死去。
  • 17法阿天順(?-1604)<>:1604年(慶長9年)死去。龍華院と号す。清浄光寺看主として清浄光寺再建に尽力した。
  • 18法阿義道(?-1617)<>:中興。1617年(元和3年)死去。
  • 19法阿(1534-1608)<>:1608年(慶長13年)死去。75歳。
  • 20法阿(?-1642)<>:1642年(寛永19年)日輪寺で死去。
  • 21法阿(?-1645)<>:1645年(正保2年)死去。
  • 22法阿(?-1662)<>:1662年(寛文2年)死去。
  • 23法阿(?-1663)<>:1663年(寛文3年)越後然念寺で死去。
  • 24法阿(?-1674)<>:1674年(延宝2年)死去。
  • 25法阿(?-1682)<>:1682年(天和2年)死去。常陸常永寺
  • 26法阿尊真(1629-1691)<>:遊行上人43世(藤沢上人には就任せず)。1691年(元禄4年)死去。
  • 27法阿信碩(1623-1696)<1688->:藤沢上人20世(遊行上人には就任せず)。信願とも。佐渡大願寺20世。1688年(元禄1年)就任。1696年(元禄9年)死去。
  • 28法阿尊証(1644-1700)<>:遊行上人46世。1700年(元禄13年)、高知山で死去。
  • 29法阿(?-1705)<>:水戸神応寺から晋山。1705年(宝永2年)死去。
  • 30法阿転真(1637-1720)<>:藤沢上人24世。「過去帳」に「藤沢山弐十六代」とあるが、転真は清浄光寺24世。1720年(享保5年)死去。
  • 31法阿(?-1723)<>:玉田寺に隠居。1723年(享保8年)死去。
  • 32法阿(?-1724)<>:1724年(享保9年)死去。
  • 33法阿快存(1671-1753)<>:遊行上人50世。藤沢上人26世。快存?浜松教息寺から晋山。1753年(宝暦3年)死去。
  • 34法阿如意(1667-1735)<1726?>:藤沢上人27世。加歴住職であり、赴任せず。1735年(享保20年)死去。
  • 35法阿(?-1740)<>:1726年(享保11年)?上野清連寺から晋山。1740年(元文5年)死去。
  • 36法阿(?-1747)<>:1716年(享保1年)?結城常光寺から晋山。1747年(延享4年)死去。
  • 37法阿一海(1687-1766)<1747?->:遊行上人52世。藤沢上人29世。1747年(延享4年)就任?48年?。神応寺7世から晋山。
  • 38法阿慈門()<>:聞名寺から晋山。清浄光寺院代を務めた。
  • 39法阿了諦(呑快)(1672-1769)<>:藤沢上人30世。高田称念寺から晋山。
  • 40法阿義伯(任称)(1699-1773)<>:藤沢上人31世。南部教浄寺から晋山。
  • 41法阿行山()<>:品川海蔵寺から晋山。清浄光寺院代。
  • 42法阿弁寿(諦如)(1721-1799)<1776-1779>:藤沢上人33世。1776年(安永5年)川口法連寺から晋山。1779年(安永8年)清浄光寺に晋山。
  • 43法阿弁量(?-1794)<1779->:武蔵称名寺から晋山。1779年(安永8年)就任。1794年(寛政6年)死去。
  • 44法阿玄廓()<>:清浄光寺院代。
  • 45法阿一空(1748-1815)<1807-1807>:義伝。遊行上人55世。藤沢上人35世。
  • 46法阿()<>:
  • 47法阿弘海(1745-1821)<1810-1815>:其阿隣哲。藤沢上人36世。
  • 48法阿傾心()<1816->:其阿悦岸。遊行上人56世。藤沢上人37世。
  • 49法阿()<>:
  • 50法阿()<>:
  • 51法阿一道(1774-1835)<1831-1835>:其阿信順。藤沢上人38世に加歴。
  • 52法阿一如(1774-1846)<1835>:其阿全冏。一蓮寺加歴。赴任せず。藤沢上人39世。
  • 53法阿一念(1780-1858)<1839-1846>:其阿暢音。遊行上人57世。藤沢上人40世。
  • 54法阿()<>:
  • 55法阿尊澄(1788-1870)<1854-1855>:遊行上人58世。藤沢上人41世。澄学。尊証とも。
  • 56法阿本暁()<1856->:日輪寺。衆領軒。清浄光寺院代。
  • 57法阿尊教(1806-1885)<1870>:随音。一蓮寺加歴。遊行上人59世。藤沢上人42世。
  • 58法阿一真(武田義徹)(1822-1890)<1871-1885>:遊行上人60世。藤沢上人43世。単称時宗管長。
  • 59河野覚阿(1819-1903)<1887-1889>:尊覚。遊行上人61世。藤沢上人44世。
  • 60河野察龍( 1825-1906)<1890-1903>:尊龍。遊行上人62世。藤沢上人45世。
  • 61稲葉覚道( 1833-1911)<1904-1906>:尊純。遊行上人63世。藤沢上人46世。
  • 62河野法善(1855?-1923)<1906-1911>:1857生?不染。他阿尊昭。遊行上人64世。清浄光寺47世。単称時宗管長。1855年(安政2年)生。京都出身。1866年(慶応2年)他阿尊覚の元で出家。時宗西部学寮で学ぶ。1874年(明治7年)教導職試補。清浄光寺で学ぶ。1885年(明治18年)?真光寺で学ぶ。1880年(明治13年)庵階役講として四帖疏を、院階役講として華厳五教章を満講。上京して時宗東部学林で学ぶ。時宗学林次頭。縮刷大蔵経の編纂に時宗委員として参加。1885年(明治18年)下総善照寺住職となるがまもなく清浄光寺執事に就任。1899年(明治32年)時宗宗議会開設に尽力。同年、時宗総本山護持会設立に尽力。1906年(明治39年)一蓮寺住職。1911年(明治44年)管長・清浄光寺住職就任。(現代仏教家人名辞典)
  • 63河野頼善(1862-1929)<1911-1923>:尊光。遊行上人65世。藤沢上人48世。
  • 河野良心()<1923->:京都歓喜光寺住職。時宗執事長。宗議会議長。
  • 辻村柔善()<>:
  • 小林大空(1854-1930)<>:無外。遊行上人66世。藤沢上人49世。
  • 67桑畑静善(1867-1936)<1930-1930>:尊静。遊行上人67世。清浄光寺50世。単称時宗管長。横浜浄光寺住職。尊浄?
  • 68星徹定(1870-1944)<1931-1936>:一教。遊行上人68世。清浄光寺51世。
  • 69水島随順(1875-1946)<1936-1944>:一蔵。遊行上人69世。藤沢上人52世。
  • 70高尾察玄(1880-1945)<1944-1945>:尾道海徳寺出身。1914年(大正3年)福井称念寺住職。1944年(昭和19年)一蓮寺に晋山。米軍の空襲で負傷して1945年(昭和20年)7月14日死去。
  • 71河野悦然(?-1952)<1947-1952>:自坊は譲原満福寺。単称時宗宗務長。1947年(昭和22年)1月20日入寺。1952年(昭和27年)3月2日死去。
  • 72河野叡祥()<>:


  • 『一蓮寺過去帳』[1]は43世まで。
  • 『時宗教団史』
http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%B8%80%E8%93%AE%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール