ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

三谷の草庵

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年11月10日 (火)

移動: 案内, 検索

三谷の草庵(みや・の・そうあん)は、栃木県真岡市三谷(下野国芳賀郡)にある浄土真宗の仏堂。親鸞が滞在した旧跡とされる。下野専修寺の境外仏堂。寺号は正因寺

歴史

1225年(嘉禄1年)、高田に入って如来堂を建てることになった親鸞はここに草庵を建て拠点として建立に奔走したという。 現在の庫裏は三谷村名主が親鸞親筆の名号を掲げる場所として建立。 1793年(寛政5年)から1839年(天保10年)頃のことという。 また仏堂は1839年(天保10年)の建立。のち正因寺と称した時期もあるという(日本歴史地名大系)。 2006年(平成18年)に庫裏を、2014年(平成26年)に仏堂を解体修復して両堂とも茅葺に復元。 親鸞が使った泉がある。 (下野と親鸞、専修寺ウェブサイト)

三谷の草庵(国土地理院空中写真より)
本寺専修寺と三谷の草庵(国土地理院空中写真より)
三谷の草庵(国土地理院空中写真より)
http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%B8%89%E8%B0%B7%E3%81%AE%E8%8D%89%E5%BA%B5」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール