ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

光孝天皇陵

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年6月28日 (日)

移動: 案内, 検索

京都府京都市右京区宇多野馬場町にある第58代光孝天皇陵墓後田邑陵小松山陵とも呼ばれた。仁和寺関連旧跡

歴史

仁和寺の西南の緑地が光孝天皇陵。現在の双ケ丘・妙心寺・龍安寺一帯が仁和寺の領地だった。(国土地理院空中写真より)

『日本紀略』によると光孝天皇は887年8月26日に58歳で崩御し、9月2日に「小松山陵」に埋葬された。そして8日に陵域を定め、域内にあった8寺を廃したという。光孝天皇が発願し、後に宇多天皇が完成させる仁和寺の近くに当たる。小松山陵の名から光孝天皇の通称を小松帝という。後田邑陵の名は近くの文徳天皇田邑陵の名に対するものである。『江家次第』では仁和寺の西、大教院の東北にあったと記す。『中右記』では仁和寺喜多院の西にあったように書く。 長年、所在不明で諸説あったため文久の修陵でも定まらなかったが、明治22年6月3日、この地にあった天王塚と呼ばれる円丘に治定された。9月21日に正辰祭が行われている。

他に御室陵墓参考地も候補地と考えられている。 (『日本歴史地名大系』『国史大辞典』ほか)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%85%89%E5%AD%9D%E5%A4%A9%E7%9A%87%E9%99%B5」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール