ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

別表神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年6月12日 (水)

移動: 案内, 検索

別表神社(べっぴょう・じんじゃ)は、神社本庁が「役職員進退に関する規程」第5条および同規程別表で、宮司・権宮司の任命・任用上の特例を認める神社。「別表に掲げる神社」。本庁所属の旧官国幣社および戦後に台頭した神社が加列されている。事実上、由緒・経済規模などにおいて有力神社の格式となっている。伊勢神宮(正式には「神宮」)は特別扱いで含まれない。また当然、本庁に所属しない単立神社には関係のない制度である。現在、約350社あるが、全神社数の1%にも満たない。本宗勅祭社とともに現行の神社制度の一つである。別表神社以外の一般の神社は戦前の呼称を引き継ぎ、「諸社」と呼ばれることがある。

目次

概要

公的には「別表に掲げることは、事務取扱上の区別をしたに止まり、何等社格的意味はない」(昭和28年5月30日付通達第5号)とするが、事実上、有力神社としての格式の意味合いを持っていると推測される。所属する旧官国幣社を全て含む一方、戦後、新たに加列した神社において、大々的に加列を祝賀・記念していることはその論拠の一つである。本来、「誤用」であるが、戦後加列の神社の公式文書において、官国幣社に擬えて「別表神社に昇格」という表現がみられることがあり、神社界の別表神社に対する認識を反映していると言える。

昭和23年に制定。当初は旧官国幣社のみが一覧に掲載された。ついで昭和26年7月9日付の「別表に掲げる神社選定に関する件」(通達第4号、平成7年12月改正)が出され、一定の基準を満たせば、旧官国幣社以外でも認められる道が開いた。神社庁で予選の上、統理が本庁の審査会に諮問して内定する。選定基準は、「予選は概ね左の資料を基礎として綜合的に考察する」とし、1由緒、2社殿、境内地等の宗教施設の状況、3常勤神職の数、4最近三年間の経済状況、5神社の活動状況、6氏子崇敬者の概数、その分布等崇敬状況を挙げている。

主な待遇は次の通り。

  • 一般神社の職員進退は神社庁長の権限だが、別表神社については、宮司・権宮司の進退について、その管轄から除かれる
  • 一般神社には認められない権宮司の設置が認められる。ただし、「全体的均衡を考慮する関係上、その承認は極めて困難である」(昭和28年通達第5号)としている。
  • 宮司、権宮司は明階以上、禰宜・権禰宜は正階以上の階位が必要。

一覧

別表神社一覧

別表神社を除列された神社

神社本庁を離脱した旧別表神社

  • 出雲大神宮:京都府亀岡市。1953年(昭和28年)5月29日削除(『神社本庁十年史』)。
  • 賀茂御祖神社):官幣大社。京都府京都市左京区。1960年(昭和35年)1月12日単立。1964年(昭和39年)12月頃、復帰。
  • 日光東照宮:別格官幣社。栃木県日光市。昭和60年(1985)に離脱。
  • 山辺神社:島根県江津市。平成10年(1998)?に離脱
  • 京都霊山護国神社:京都府京都市東山区。平成14年(2002)に離脱(『週刊ダイヤモンド』通巻4386号105頁)
  • 明治神宮):官幣大社。東京都渋谷区。平成16年(2004)に離脱したが、平成22年(2010)に復帰(『週刊ダイヤモンド』通巻4386号105頁)
  • 気多大社:石川県羽咋市。平成22年(2010)に離脱(『週刊ダイヤモンド』通巻4386号105頁)
  • 梨木神社:別格官幣社。京都府京都市上京区。平成25年(2013)?に離脱。
  • 富岡八幡宮:東京都江東区富岡。2017年9月離脱。

旧官社で別表神社ではない神社

当初から神社本庁に所属しなかったとみられる単立神社。未確認のものもある。

年表

  • 1952年:神社本庁新庁規発効と共に旧官国幣社190社指定。
  • 1952年5月27日:評議員会を経て東京大神宮以下8社追加。
  • 1953年5月29日:評議員会を経て伊勢山皇大神宮以下29社追加。また出雲神社(出雲大神宮)を削除。
  • 1956年:『神社本庁十年史』には旧官国幣社197社(丹生川上神社3社、諏訪大社4社、出羽三山3社、静岡浅間神社3社と数えた)と旧諸社など40社掲載。
  • 1961年:『神社本庁十五年史』には旧官国幣社195社(下鴨神社と備後吉備津神社なし。丹生川上神社3社、諏訪大社4社、出羽三山3社、静岡浅間神社3社と数えた)、旧諸社など72社(北海道護国神社なし)掲載。

参考文献

  • 國學院大學日本文化研究所編『神道辞典』弘文堂
  • 『神社本庁規程類集』
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%88%A5%E8%A1%A8%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール