ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

吉祥院天満宮

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年6月22日 (土)

移動: 案内, 検索
吉祥院天満宮
きっしょういん てんまんぐう
概要 菅原道真生誕地の菅原家別邸・氏寺「吉祥院」跡に鎮座する天満宮。「最初の天満宮」を称す。
奉斎 菅大臣神霊
所在地 京都府京都市南区吉祥院政所町3
所在地(旧国郡) 山城国紀伊郡
所属(現在)
格式など 村社
関連記事


目次

概要

吉祥院天満宮は京都府京都市南区吉祥院政所町(山城国紀伊郡)にある天満宮菅原道真生誕地の菅原家別邸・氏寺「吉祥院」跡に鎮座する。「最初の天満宮」を称する。天満宮聖跡二十五霊社第四番。祭神は「菅大臣神霊」である[1]。村社。近くに北政所墓菅原清公墓菅原是善墓香泉寺三善院がある。

歴史

934年(承平4年)、朱雀天皇の叡慮により菅原家跡地である当地に創建されたという。あるいはここは菅原氏の別邸で祖父菅原清公が氏寺吉祥院を建てた地ともいう。『扶桑略記』によれば1066年(治暦2年)3月28日に吉祥院に菅原道真の霊が遷されて天神堂が新たに造営されたともいう。1243年7月、桂川が氾濫し、氏長者の菅原為長が吉祥院を他所に移転させようとしたが、一夜にして小松が群生し、流出を免れた。この霊験で多くの参詣者を得たという。江戸時代には菅原氏の五条家が寺社伝奏を務めた。1873年(明治6年)6月、村社となる。1902年、現在の本殿を造営。吉祥院六斎念仏が著名である。

境内に菅原道真胞衣塚がある。

参考文献

  • 梅原達治1989(平成1)「松浦武四郎『聖跡二十五霊社順拝双六』」『札幌大学教養部教育研究』
  • 『北野誌』「全国天満宮所在地一覧」
  • 『日本歴史地名大系』
  • 天満信仰#参考文献

脚注

  1. 『北野誌』「全国天満宮所在地一覧」17頁
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%90%89%E7%A5%A5%E9%99%A2%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール