ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

京都・金蓮寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年7月5日 (日)

四条道場から転送)
移動: 案内, 検索
金蓮寺(国土地理院空中写真より)

金蓮寺(こんれんじ)は、京都府京都市北区の、一遍旧跡時宗寺院。元は四条京極にあった。祇陀林寺が前身と伝える。かつての時宗四条派の拠点寺院。一遍賦算の旧跡。錦綾山金蓮寺四条道場。京都府京都市北区鷹峯藤林町1-4。(参考:同名寺院金蓮寺

遊行派の拠点であった七条道場とたびたび対立した。


時宗四条派の四本寺に浄信寺熱田・円福寺和泉・引接寺、尼崎摂津・善通寺があった。

目次

子院

  • 元正院:
  • 梅林院:
  • 後松庵:
  • 照月院:
  • 知足院:
  • 南涼院:
  • 寿福庵:
  • 永福院:
  • 宝珠庵:
  • 長春庵:
  • 尋牛庵:
  • 興徳庵:
  • 松林院:
  • 放光庵:
  • 十住心院:空海の旧跡という。染殿院と改称。
  • 真珠庵:

組織

歴代住職

  • 1浄阿真観(1268-1341)<>:上総出身。鎌倉極楽寺忍性に戒律を学び、紀伊興国寺心地覚心に禅を学ぶ。心地覚心の勧めで熊野本宮熊野新宮に参詣。新宮で夢告により「念仏の形木」を授けられ、賦算を命じられたという。この時、一阿弥陀仏の名を与えられた。心地覚心から印可を得て、諸国を遊行。越中野尻で日蓮宗信徒に迫害され、淵に沈められそうになったが、奇瑞により領主に助けられた。野尻の日蓮宗信徒はみな念仏に帰依したという。1300年、上野国で他阿真教に出会い、3日間の法談を経て浄阿と改めた。真教と共に遊行し、1304年1月、共に無量光寺に逗留。1309年、上洛して祇陀林寺釈迦堂に寓す。1311年2月には後伏見上皇の妃の広義門院寧子の出産に念仏札を授けたところ、無事に皇子(のちの光厳天皇)が生まれた。よって後伏見上皇から上人号を賜り、寺号を金蓮寺と改めた。無量光寺にいた真教は形木名号と印可状を送って相続。また浄阿は上奏して、綸旨で真教に「他阿上人」号が許可された。1314年9月、他阿真教が金蓮寺に立ち寄ると広義門院が聴聞に参詣。広義門院は浄阿に賦算の許可も与えるように請願し、洛中に限って賦算権を認めた。1341年6月2日死去。74歳。(時宗教団史)
  • 2浄阿(1304-1360)<1341->:連歌師としても活躍。現在熱田神宮に残る熱田本日本書紀は浄阿が末寺の円福寺厳阿を介して熱田神宮権宮司田島仲宗に寄贈したもの。
  • 3厳阿:
  • 4重阿:
  • 5慶阿:足利尊氏の伯父
  • 6釈阿:
  • 7文阿:
  • 8浄阿:
  • 9浄阿:
  • 10浄阿:
  • 11浄阿:
  • 12浄阿:
  • 13浄阿:
  • 14浄阿:
  • 15浄阿:
  • 16浄阿:
  • 17浄阿:
  • 32浄阿:京都浄土宗正栄寺の恵観。浅草日輪寺が反対して引退。33代とも。

参考文献

  • 大橋俊雄『一遍と時宗教団』
http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%83%BB%E9%87%91%E8%93%AE%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール