ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

大和・大野寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年7月4日 (土)

移動: 案内, 検索

大野寺(おおのじ)は、奈良県宇陀市室生大野にある真言宗寺院。本尊は弥勒菩薩真言宗室生寺派室生寺の西の大門という。山号は楊柳山。(参考:同名寺院大野寺_(同名)

白鳳年間に役小角が創建。824年(天長1年)空海が室生寺を開く時にこの地に弥勒菩薩を奉じて慈尊院弥勒寺と称した。 宇陀川沿いにあり、寺の対岸に高さ11.5m、総高13.8mの弥勒磨崖仏がある。興福寺別当の雅縁の発願で1208年(承元2年)に造立。笠置寺の弥勒磨崖仏を模したという。1209年(承元3年)に後鳥羽上皇が御幸して開眼供養した。

本堂に秘仏弥勒菩薩の他、役小角や地蔵菩薩も祀る。 磨崖仏の礼拝所がある。

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E3%83%BB%E5%A4%A7%E9%87%8E%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール