ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

宇治・興聖寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年8月30日 (日)

移動: 案内, 検索
宇治・興聖寺(国土地理院空中写真より)

興聖寺(こうしょうじ)は、京都府宇治市宇治山田にある曹洞宗寺院。道元が創建した深草・興聖寺を継承しているとされる。淀藩主永井家の菩提寺。山号は仏徳山。(参照:同名寺院興聖寺

目次

歴史

宇治(国土地理院空中写真より)

淀藩主永井尚政が1648年(慶安1年)再興に着手。万安英種を中興に迎え、1649年(慶安2年)9月に晋山式を行った。 1652年(承応1年)までに主要な伽藍が建てられた。本堂は伏見城から移築した。 1664年(寛文4年)、山城、大和、河内、和泉の触頭となる。 1750年(寛延3年)開山堂建立。 1747年(延享4年)、永平寺末となる。 (日本歴史地名大系)

伽藍

  • 法堂:本尊は釈迦三尊。本堂に当たる。
  • 僧堂:本尊は文殊菩薩。
  • 准胝堂:
  • 開山堂
  • 天竺殿:
  • 秋葉神社
  • 鎮守社:
  • 鎮守社:
  • 浮島十三重石塔旧相輪:
  • 庫裏:
  • 方丈:
  • 大書院:
  • 逝水閣:
  • 衆寮:
  • 浴司:
  • 東司:
  • 宝物殿:
  • 道元墓:
  • 永井家墓地:
  • 祠堂殿:
  • 朝日山観音堂:
  • 宇治稚郎子皇子墓:


子院など

  • 東禅院:現存。
  • 大悲院:廃絶か。
  • 円蔵院:京都府宇治市広野町寺山。興聖寺後見職。山号は少林山。
  • 東運寺:京都府京都市伏見区淀新町。興聖寺後見役。

組織

歴代住職

  • 1道元(1200-1253)<勧請開山>:永平寺開山。
  • 2孤雲懐奘(1198-1280)<勧請>:永平寺2世。
  • 3徹通義介(1219-1309)<勧請>:永平寺3世。
  • 4寒巌義尹(1217-1300)<勧請>:肥後・大慈寺開山。
  • 5万安英種(1591-1654)<1645->:事実上の開山。大慈寺65世の大焉広椿の法嗣。1645年就任。1649年晋山式。
  • 6懶禅舜融()<>:
  • 7龍蟠松雲(1606-1682)<>:
  • 8梅峰竺信(1633-1707)<>:龍蟠松雲の法嗣。
  • 9高雲祖稜(1636-1696)<>:梅峰竺信の法嗣。
  • 10〓田()<>:
  • 11徳隠()<>:
  • 12明堂通()<>:
  • 13蔵雲慧密(?-1733)<>:
  • 14円山素明()<>:
  • 15黙真()<>:
  • 16直指玄端(1689-1776)<>:
  • 17節外万貞()<>:
  • 18
  • 19恒山画龍(1718-1792)<>:
  • 20
  • 21大典国英()<>:
  • 父幼老卵()<1789->:22世だったが除歴。
  • 22玄楼奥龍(1720-1813)<1801-1803>:龍満寺の象山問厚の法嗣。1801年(享和1年)住職。
  • 23霊潭魯龍(1746-1806)<1803-1806>:二見石了の法嗣。豪徳寺住職。
  • 24
  • 25観禅()<>:
  • 26関浪磨甎(1765-1838)<>:
  • 27大英()<>:
  • 28回天慧杲(1794-1853)<>:関狼磨甎の法嗣。
  • 29無隠退吾()<>:
  • 30久我環渓(1817-1884)<>:環渓密雲。永平寺61世。回天慧杲の法嗣。
  • 31平川肯庵()<>:
  • 32長善玄朗(?-1881)<1877->:
  • 33〓巌()<>:
  • 34不二門眉柏()<>:久我環渓の法嗣。
  • 35棟嶽石梁(1846-1916)<>:西野石梁。
  • 36雪巌宏峰()<>:
  • 37祖園賢随()<>:
  • 38悟山勝道()<>:
  • 39大峰摂道(1926-)<1980->:植本摂道。
  • 40雨宮義幸()<>:
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%AE%87%E6%B2%BB%E3%83%BB%E8%88%88%E8%81%96%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール