ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

慶宝寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年8月20日 (火)

移動: 案内, 検索

慶宝寺は伊勢国度会郡(三重県伊勢市岡本)にあった神宮祭主創建の真言宗寺院。豊臣秀吉ゆかりの寺院。廃絶。伊勢神宮関連旧跡

歴史

神宮祭主の大中臣輔親が創建したと言われ、もと釈尊寺と称し、一之木町越坂にあった。 天正年間、豊臣秀吉が母の病気平癒祈願のため、両宮に一万石ずつ寄進したので、内宮側では不動堂の拡張に使ったのに対して、外宮側では豊臣家の御師上部貞永を通じて前野町に当時荒廃していた釈尊寺の本尊を遷座して寺院を建立。慶宝寺と称した。寛文の大火以後、岡本町向山に移った。

稲荷信仰を広めたことで知られる愛染寺伏見稲荷大社本願所)初代住職の天阿(1599-1674)が兼帯したらしい(『稲荷講志』)。外宮の豊受大神=稲荷神ということだろうか?? 明治2年正月に還俗して廃絶。

参考文献

  • 『宇治山田市史』
http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%85%B6%E5%AE%9D%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール