ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

本願寺近松別院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年12月18日 (火)

移動: 案内, 検索

本願寺近松別院(ほんがんじ・ちかまつ・べついん)は、滋賀県大津市札の辻にある浄土真宗寺院。本願寺遷座旧跡西本願寺別院浄土真宗本願寺派。寺号は顕証寺近松坊近松顕証寺大津顕証寺などと呼ばれた。山号は近松山。(参考:同名寺院顕証寺

歴史

1469年(文明1年)春、園城寺万徳院の斡旋で、蓮如が園城寺南別所に近松坊を創建。 蓮如は1471年(文明3年)に越前の吉崎御坊に移るが、親鸞御影は1480年(文明12年)の山科本願寺建立まで近松坊にあったと考えられている。 1480年(文明12年)11月18日、「根本御絵像」を近松坊から山科本願寺に遷座した記録が『拾麈記』にある。ただし絵像とあり、現在の本願寺御影堂の像との関係は不詳。

のちの記録では開山を蓮如長男の順如としており、山科本願寺建立後に順如が後を任されたらしい。 順如の死後、蓮淳が入寺。有力な勢力である堅田本福寺門徒に睨みを利かせた。

1532年(天文1年)、焼失。 1570年(元亀1年)9月、織田信長が下した朱印状によると近松寺内にあったことが分かる。 1692年(元禄5年)の下寺開基帳によると常住住職はおらず、八尾・顕証寺が兼務。留守居として正福寺と光現寺があった。 1902年(明治35年)、別格別院となる。 (日本歴史地名大系)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%9C%AC%E9%A1%98%E5%AF%BA%E8%BF%91%E6%9D%BE%E5%88%A5%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール