ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

正林寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年3月19日 (月)

移動: 案内, 検索
正林寺
しょうりんじ
概要 法然旧跡にある寺院。
奉斎
所在地 京都府京都市東山区上馬町553
所在地(旧国郡) 山城国愛宕郡
所属(現在) 浄土宗
格式など
関連記事


目次

概要

法然旧跡にある寺院。法然の讃岐流罪の出発の地とされる。

もとは平重盛の邸宅で、48個の燈籠を掲げた燈籠堂という道場があったとされる。重盛は法然高弟の源智の祖父である。 重盛の死後、九条兼実の邸宅となり、配流が決まった法然の最後の場所となった。

応仁の乱で焼失。江戸時代の正徳年間に九条家の屋敷を移築して復興した。

画像


参考文献


脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%AD%A3%E6%9E%97%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール