ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

真宗大谷派大垣別院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年12月23日 (日)

移動: 案内, 検索

真宗大谷派大垣別院(しんしゅうおおたには・おおがき・べついん)は、岐阜県大垣市伝馬町にある浄土真宗寺院。真宗大谷派別院。元は平尾御坊願証寺(真徳寺)の支院だった。願証寺関連旧跡。別格別院だった(大谷派寺院録)。寺号は開闡寺(かいせんじ)。旧称は真徳寺願証寺

歴史

美濃国安八郡三塚(岐阜県大垣市三塚町)の真徳寺は本願寺の東西分立とともに東西に別れ、従来の寺院が西本願寺末になるとともに、栄寿が東本願寺末として新たに不破郡平尾に真徳寺(願証寺)を創建した。ついで藩主石川忠総から大垣城下に寺地を寄進され、掛所を設置した。この「真徳寺掛所」が、大垣別院の起源である。1624年(寛永1年)、城下の区画整理により伝馬町に移転。1743年(寛保3年)、本寺である平尾真徳寺が「平尾御坊」とされたため、掛所も「平尾御坊掛所」と称した。さらに1747年(延享4年)、東本願寺掛所も兼ねることとなったため、掛所は「大垣御坊」と呼ばれるようになった。1773年(安永2年)5月、本寺が、織田信長に滅ぼされた長島願証寺の名を受け継ぎ、平尾御坊願証寺と改名したため、掛所も「願証寺」を寺名とした。

安永以降、藩主戸田家の菩提寺となり、庇護を受けた。藩は掛所を独立させて領内の浄土真宗の触頭にしようとしたが、本寺が強く反対した。 そこで藩主戸田氏正は、1852年(嘉永5年)、東本願寺に直接願い出て認められた。東本願寺は掛所に新たな寺名を付け、「開闡寺」とした。氏正の甥の大井勝相が初代住職に就任し厳起と称し、開闡寺は東本願寺末の触頭となったが、まもなく明治維新を迎えた。

1891年(明治24年)濃尾地震で壊滅的な被害を受けた。1900年(明治33年)、東本願寺22代大谷光瑩(現如)の弟の大谷勝信(厳量)が入寺し2代住職となり、復興に尽力。1918年(大正7年)本堂再建がなった。しかし、1945年(昭和20年)の空襲で焼失。1972年(昭和47年)になってようやく復興した。

参考文献

  • 木場明志監修、2012『別院探訪』真宗大谷派宗務所出版部
http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%9C%9F%E5%AE%97%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E6%B4%BE%E5%A4%A7%E5%9E%A3%E5%88%A5%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール