Warning: Parameter 3 to GoogleMaps::render16() expected to be a reference, value given in /home/users/2/boo.jp-shinden/web/wiki/includes/parser/Parser.php on line 3333
美作・誕生寺 - SHINDEN

ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

美作・誕生寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年6月22日 (火)

移動: 案内, 検索
誕生寺
たんじょうじ
概要 浄土宗宗祖法然の生誕地に創建された寺院。
奉斎 法然
所在地 岡山県久米郡久米南町里方808
所在地(旧国郡) 美作国久米郡
所属(現在) 浄土宗知恩院派
格式など 浄土宗知恩院派特別寺院
関連記事


誕生寺(たんじょうじ)は、岡山県久米郡久米南町にある、浄土宗開祖法然の生誕地に創建された寺院。浄土宗知恩院派特別寺院。(参考:同名寺院誕生寺

目次

歴史

建久4年(1193)に法力房蓮生(熊谷直実)が、法然自作の御影を奉じて来訪し、旧宅を寺院としたのが始まりとされる。法然誕生の時、西より二つの白幡が飛来し、椋の木の梢に引っかかり、7日後、どこかに飛び去ったという。その椋木は「二幡の椋」として本堂の左側にある。また菩提寺で修行を終えた法然が京都に旅立つ時にそこまで使ってきた杖を指したのが成長したという「逆木の公孫樹」がある。枝と根っこが逆さまに生えているとされる。

御影堂、阿弥陀堂、観音堂があり、離れた場所に法然両親(漆間時国と秦氏)の墓である勢至堂がある。また奥の院として浄土院がある。 御影堂は1695年(元禄8年)の再建で法然43歳の自作の御影(展墓の御影)を祀る。江戸時代には松仙恵風が入寺して、浄土律の寺院となった。

組織

住職

  • 7光天祐玉()<-1569->:源蓮社。
  • 11空山宗貞(?-1592)<>:
  • 12深誉長源(1563-)<-1623->:伽藍復興。
  • 13願誉寿笛()<1649->:原田行佐の子。
  • 14
  • 15通誉学澯()<-1699->:蓮阿。練供養を創始。
  • 16
  • 17門誉津海()<-1732->:
  • 功誉欽言()<-1790->:
  • 21松仙慧風()<1792-1805>:誕生寺中興。律院開祖。可円慧恭の弟子。松仙恵風。随誉松仙。美濃円満寺2世。
  • 22勝誉正道(-1799-)<>:正道慧剛。長野十念寺に墓。
  • 大忍慧力()<>:
  • 鏡誉察厳()<-1841->:慧頭?
  • 巨海()<-1851->:
  • 聚誉定厳()<-1854->:播磨国赤穂出身。慧正?
  • 金誉玉潭()<-1857->:慧拾?
  • 聚誉定厳()<-1860->:再住?
  • 31漆間徳厳()<>:
  • 32漆間徳定(1869-1944)<1917->:播磨出身。1869年生。漆間徳厳の甥。旧姓は井上。1976年誕生寺で出家。1893年浄土宗大学高等正科卒。1895年専門科卒。浄土宗布教部長。如意輪寺住職。1913年、知恩院執事長。1917年誕生寺住職。1944年10月20日死去。檀蓮社旃誉滴阿松雨。琵琶歌、謡曲などを多数執筆。
  • 33漆間正徳(1913-1966)<1942-1966>:1913年生。1937年大正大学仏教学科卒。六地蔵大善寺、誕生寺浄土院住職を経て1942年、誕生寺住職。陸軍応召。1966年2月28日死去。
  • 34漆間徳然(1944-2020)<1967-2020>:1944年生。1967年、仏教大学卒。同年7月、誕生寺住職。知恩院布教師。岡山教区長。2020年12月3日死去。76歳。廓蓮社證誉上人空阿松霞徳然慧興大和上。
  • 35漆間勇哲(1982-)<2021->:


  • 雲沽?
  • 徴誉源成?
  • 現誉霊浩?
  • 進誉戒定?()<>:慧立?

参考文献

  • 誕生寺ウェブサイト
  • 『古寺名刹への道』
  • 『法然と浄土宗教団』


脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%BE%8E%E4%BD%9C%E3%83%BB%E8%AA%95%E7%94%9F%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール