ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

足利神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年8月11日 (日)

移動: 案内, 検索

足利神社(あしかが・じんじゃ)は栃木県足利市家富町の鑁阿寺にあった神社。祭神は「足利大権現大己貴命、倉稲魂国常立尊(あるいは稲荷)、日須美明神伊弉諾尊、天照大神大日霊尊、牛頭天王素戔嗚尊、加茂明神建角身命、貴布禰明神高〓命」(南北朝時代の「勤行次第」)。足利七社足利権現足利大権現

歴史

創建不詳。元は足利家邸の鎮守で、鑁阿寺の鎮守となった。足利尊氏は足利義兼の遠忌の際に安房国の南毛谷郷を寄進した。6月26日に足利庄の住民を挙げて祭典を行っていた。徳川家斉が社殿再建し現存。明治4年、神仏分離のため神社としては廃絶。9月、社殿に足利歴代の像を奉遷して御霊屋(赤御堂)となった。 (『足利庄鑁阿寺』『鑁阿寺小史』)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール