ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

金原寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年2月19日 (金)

移動: 案内, 検索
土御門天皇陵(国土地理院空中写真より)

金原寺は、平安京近郊の山城国乙訓郡金原(京都府長岡京市金ケ原金原寺)にあった土御門天皇の菩提寺。承久の乱後、天皇は、父帝が配流されたのに自分が京都に留まるのは忍びないとして自ら進んで土佐、そして阿波に流された。1231年(寛喜3年)10月11日に崩御して、阿波で火葬されるが、遺骨は京都に帰還し、1233年(天福1年)12月12日、この地に埋葬されたという。母の承明門院は、陵に金原法華堂金原御堂)を建立し、のち堂宇管理のために金原寺が設置されたという。しかし、江戸時代には荒廃していた。文久の修陵のときに寺跡の石塚を御堂跡と断定し土御門天皇陵と定められた。近くの地蔵院は金原寺の別院といい、本尊阿弥陀如来像に「本山金原寺当仏」との墨書が残る。

http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%87%91%E5%8E%9F%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール