ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
研究者を肩書きや職業で差別する昭和女子大学図書館もどうなんだ?
言論の世界から暴力や差別が無くなるのはほど遠いようだ。

金沢大神宮

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2012年1月10日 (火)

移動: 案内, 検索
金沢大神宮
かなざわ だいじんぐう
概要 神宮教会に由来する伊勢神宮の分社。
奉斎 天照皇大神・豊受大神(石川県神社庁ウェブサイト)
所在地 石川県金沢市大手町15-30(?)
所属(現在) 神社本庁
格式など
関連記事


目次

概要

1888年(明治21年)8月に設置された神宮教金沢本部に始まる。1890年(明治23年)6月、神殿を建立して、皇大神宮分霊を迎える。当時は高岡町の香林坊にあり(現在の香林坊109?)、門前は金沢の繁華街の中心となり、境内には劇場や映画館が立ち並んだ。通称「香林坊大神宮」と呼ばれた。1959年(昭和34年)、香林坊から現在地の大手町(梅本町)(未確認)に遷座した。


画像


参考文献

  • 『金沢明覧』
  • 石川県神社庁ウェブサイト[1]

脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%87%91%E6%B2%A2%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E5%AE%AE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール