ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

飽波葦垣宮

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年7月27日 (金)

移動: 案内, 検索

飽波葦垣宮(あくなみのあしがきのみや)は、大和国平群郡にあった称徳天皇離宮聖徳太子の没地という記録もある。飽波葦墻宮(『大安寺資財帳』)。飽波宮(あくなみのみや。『続日本紀』)、飽浪宮(あくなみのみや)、葦垣宮(あしがきのみや。『太子伝私記』)、葺垣宮(読み方不詳。ふきがきのみや?『太子伝私記』)、芦墉宮(あしがきのみや。『斑鳩古事便覧』)も同一の宮と考えられている。法隆寺関連旧跡。奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺南の上宮(かみや)にある上宮遺跡(かみやいせき)に比定されている。

歴史

『太子伝私記』によると聖徳太子の「葺垣宮」があったというが傍証は見つかっていない。太子の没地は一般的に斑鳩宮(のちの上宮王院。現在の法隆寺東院伽藍)とされるが(『日本書紀』)、『大安寺資財帳』『太子伝私記』『聖徳太子伝略』では「飽波葦墻宮」で死去したと伝える(斑鳩宮と同一視されたためとも言われる)。『斑鳩古事便覧』によると、成福寺という寺院になったとされる。

また推古天皇が田村皇子(舒明天皇)を見舞いに訪れたという記録もある(『大安寺資財帳』)。学術的には聖徳太子王子の泊瀬王の宮として建てられたと考えられている。奈良時代にも存続し、称徳天皇が767年4月26日に「飽波宮」に行幸(続日本紀)。769年10月にも由義宮行幸の途中に2日間滞在している(続日本紀)。

上宮遺跡は法隆寺の南に位置する。その西南150mのところに成福寺があり、別名の神屋寺(かみやでら)は地名の上宮(かみや)に通じる。 上宮遺跡の戦後の発掘調査では8世紀造営の掘立柱建物群が発見されると共に、7世紀に遡る出土遺物も見つかった。掘立柱建物跡は全部で7棟見つかり、規格性を持った建物群が整然と配置されているから、単なる一般の住居ではなく、宮殿や官衙の遺跡と考えられている。

ただ跡地を上宮遺跡や成福寺ではなく、安堵町の飽波神社とする伝承もある。聖徳太子が斑鳩と飛鳥小墾田宮を往復する時に使ったという太子道の道中に当たる。現在も安堵町に「飽波」が地名としてあることから少なくとも後世の「飽波郷」は、現在の安堵町にあったとみられている。

(『法隆寺史 上』)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%A3%BD%E6%B3%A2%E8%91%A6%E5%9E%A3%E5%AE%AE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール