ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

伊勢・金剛寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年9月17日 (月)

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(?概要)
 
(間の1版分が非表示)
30行: 30行:
-->
-->
|}
|}
-
[[category:個別記事]]
+
 
[[category:三重県]]
[[category:三重県]]
==概要==
==概要==
-
'''金剛寺'''(こんごうじ)は三重県伊勢市にあった、[[伊勢神宮]][[外宮]]の鬼門除の[[臨済宗]]寺院。度会氏所縁の寺院。[[豊臣秀吉]]所縁の寺院。(参考:同名寺院[[金剛寺]])
+
'''金剛寺'''(こんごうじ)は三重県伊勢市にあった、[[伊勢神宮]][[外宮]]の鬼門除の[[臨済宗]]寺院。[[度会氏]]・[[豊臣秀吉]]所縁の寺院。(参考:同名寺院[[金剛寺]])
-
 
+
-
もと[[真言宗]]。文禄4年12月、豊臣秀次の妾の恵康尼が再興して臨済宗となった。菅原道真の左遷に従って付き添ったことで知られる外宮神主の[[度会春彦]]は、帰国に際して播磨袖ヶ浦から袂に入れて持ち帰った小石が成長したという、'''袂石'''が境内にあった。
+
-
この縁で菅公祠が祀られていた。船江町にあった。
+
 +
もと[[真言宗]]。文禄4年12月、豊臣秀次の妾の恵康尼が再興して臨済宗となった。菅原道真の左遷に従って付き添ったことで知られる外宮神主の[[度会春彦]]は、帰国に際して播磨袖ケ浦から袂に入れて持ち帰った小石が成長したという、'''袂石'''が境内にあった。この縁で菅公祠が祀られていた。船江町にあった。
==参考文献==
==参考文献==

2018年9月17日 (月) 時点における最新版

金剛寺
こんごうじ
概要 伊勢神宮外宮の鬼門除の寺院。度会氏所縁の寺院。豊臣秀吉所縁の寺院。
奉斎
所在地 (三重県伊勢市船江周辺)
所在地(旧国郡) 伊勢国度会郡
関連記事


概要

金剛寺(こんごうじ)は三重県伊勢市にあった、伊勢神宮外宮の鬼門除の臨済宗寺院。度会氏豊臣秀吉所縁の寺院。(参考:同名寺院金剛寺

もと真言宗。文禄4年12月、豊臣秀次の妾の恵康尼が再興して臨済宗となった。菅原道真の左遷に従って付き添ったことで知られる外宮神主の度会春彦は、帰国に際して播磨袖ケ浦から袂に入れて持ち帰った小石が成長したという、袂石が境内にあった。この縁で菅公祠が祀られていた。船江町にあった。

参考文献

  • 『宇治山田市史』

脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E3%83%BB%E9%87%91%E5%89%9B%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール