ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

天岩戸関連旧跡

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2022年7月10日 (日)

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
(間の3版分が非表示)
1行: 1行:
-
天岩戸伝説のある旧跡。[[伊勢信仰]]、[[伊勢神宮関連旧跡]]も参照。神社の場合、[[天手力男]]を祭神とする場合が多い。
+
天岩戸伝説のある旧跡。記紀神話で[[スサノオ]]が乱暴な働いた時、[[天照大神]]が籠った洞窟。[[伊勢信仰]]、[[天手力男信仰]]、[[岩屋神社]]、[[岩屋寺]]も参照。
== 一覧 ==
== 一覧 ==
-
*[[天岩戸神社]]
+
*[[戸隠神社奥社]]:長野県長野市戸隠。信濃国水内郡。[[戸隠山]]。祭神は天手力雄命。[[戸隠神社]]を構成する5社の一つ。奥院地区の参道を進んだ最奥の岩窟にある。[[国幣小社]]。[[別表神社]]
-
*[[高倉山天岩屋]]
+
*[[石刀神社]]:愛知県一宮市今伊勢町馬寄。尾張国中島郡。[[官社]]。
-
*[[二見天岩屋]]
+
*[[高倉山天岩屋]]:三重県伊勢市豊川町。伊勢国度会郡。[[伊勢神宮]][[外宮]]宮域内の高倉山にある。高倉山古墳の開口部が岩屋として信仰された。[[伊勢神宮関連旧跡]]。
-
*[[丹後・天岩戸神社]]
+
*[[二見天岩屋]]:三重県伊勢市二見町江。[[二見興玉神社]]内。
 +
*[[丹後・天岩戸神社]]:京都府福知山市大江町佛性寺日浦ケ嶽。[[丹後・皇大神社]]にある。
 +
*[[天石立神社]]:奈良県奈良市柳生町柳生岩戸谷。大和国添上郡。官社。村社。戸磐明神
 +
*[[大和・天岩戸神社]]:奈良県橿原市南浦町。[[天香久山]]の南麓にある。祭神は天照大神。官社論社。
 +
*[[天津石戸別神社]]:奈良県高市郡高取町越智。大和国高市郡。官社。村社。
 +
*[[天照大神高座神社]]:大阪府八尾市教興寺。河内国高安郡。祭神は天照大神・[[高皇産霊大神]]。官社。村社。岩窟を聖地とする。岩戸神社が隣接。岩戸教団があったらしい。別称は「春日戸神社」。
 +
*[[天石門別神社]]:岡山県美作市滝宮。美作国英多郡。祭神は天手力男神。官社。[[県社]]。美作国[[三宮]]。滝宮神社、天岩戸別神社とも。
 +
*[[天石門別安国玉主天神宮]]:高知県高岡郡越知町黒瀬。土佐国吾川郡。[[官社]]論社。郷社。旧称は岩戸大明神。
 +
*[[天石門別安国玉主天神社]]:高知県吾川郡いの町神谷。土佐国吾川郡。官社論社。郷社。
 +
*[[天岩戸神社]]:宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸。村社。別表神社。
 +
 
[[Category:系譜記事]]
[[Category:系譜記事]]

2022年7月10日 (日) 時点における最新版

天岩戸伝説のある旧跡。記紀神話でスサノオが乱暴な働いた時、天照大神が籠った洞窟。伊勢信仰天手力男信仰岩屋神社岩屋寺も参照。

一覧

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%A4%A9%E5%B2%A9%E6%88%B8%E9%96%A2%E9%80%A3%E6%97%A7%E8%B7%A1」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール