ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

式年祭執行社寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2022年5月1日 (日)

移動: 案内, 検索

式年祭は、定められた年ごとに執行する祭事。遠忌も参照。情勢によって式年通りに行われないことはよくある。「●年毎」「●年目」「●年に一度」の言い習わしと、実際の式年が異なることも珍しくない(順次、確認中)。

目次

一覧

式年遷宮など

神宝調進など

  • 宇佐神宮:八幡神と比売神のみ4年ごとに装束改める
  • 宇佐神宮:6年ごとに国衙から大神宝。神幸祭も6年ごと。
  • 柞原八幡宮:6年ごとに国衙から大神宝

秘仏開扉

特殊祭事など

  • 鹿島神宮御船祭:12年に一度。午年。勅使参向。2014年(平成26年)9月1日から3日に実施。
  • 香取神宮式年神幸祭:12年に一度。午年。勅使参向。2014年(平成26年)。
  • 宇佐神宮勅祭:江戸時代は60年に一度の甲子年に実施。1925年(大正14年)から10年に一度。2015年(平成27年)10月6日に257回勅祭。
  • 宇佐神宮行幸会:初めは4年に一度。のち6年に一度(卯・酉の年)。廃絶。
  • 香椎宮勅祭:10年に一度。2015年(平成27年)10月9日に257回勅祭
  • 戸隠神社式年大祭:丑年と未年に実施。6年に一度。善光寺御開帳と同年に当たる。諏訪大社御柱の前年。
  • 武蔵御嶽神社式年大祭:12年ごと。酉年。2017年(平成29年)
  • 武蔵御嶽神社大口真神式年祭:
  • 射楯兵主神社三ツ山大祭:20年に一度。2013年(平成25年)に第22回を実施。
  • 竹駒神社初午式年大祭:七年祭。6年に一度。2014年(平成26年)
  • 日枝神社山王祭:隔年
  • 神田神社神田祭:隔年
  • 下総・二宮神社七年祭り:丑年と未年。2015年(平成27年)。
  • 田村神社式年祭:
  • 射水神社式年大祭:10年に一度。2015年(平成27年)。
  • 水無神社式年大祭:2017年(平成29年)5月復興。「飛騨の大祭」。
  • 白山比メ神社式年大祭
  • 与止日女神社式年大祭
  • 苗村神社式年大祭:33年に一度。2014年(平成26年)に第13回実施。第14回は2046年予定。
  • 葛飾八幡宮式年大祭:33年に一度。2017年(平成29年)実施。
  • 出羽・春日神社式年大祭:20年に一度。2018年(平成30年)
  • 油日神社奴振:5年ごと。2016年実施、次回は2021年(令和3年)。
  • 小菅神社式年大祭:3年に一度。2019年(令和1年)。
  • 佐波波地祇神社御船祭:5年に1度。2019年(令和1年)。
  • 佐伎治神社七年祭:福井県大飯郡高浜町宮崎。若狭国大飯郡。官社。県社。2019年(令和1年)。巳年と亥年に実施。
  • 城山稲荷神社式年神幸祭:10年に一度。2019年(令和1年)。ホーランエンヤ。
  • 五箇山白山宮式年祭:ご開帳。33年毎。2019年(令和1年)。
  • 大嵩神社馬見岡綿向神社奥宮)式年遷宮:2016年(平成28年)。20年毎に社殿を建て替える
  • 高良大社神幸祭:5年に一度。
  • 篠座神社亥年式年大祭:福井県大野市篠座。越前国大野郡。官社。県社。
  • 伊和神社一つ山祭:21年に一度。
  • 伊和神社三つ山祭:61年に一度。

人物神

法要

  • 延暦寺法華大会広学大義:5年に一度?
  • 西教寺万日法会:弥勒仏が下生する時まで毎日本堂で不断念仏を続けており、1万日(27年4カ月)ごとに万日法会を執行する。
  • 智積院両大会

干支

資料

  • 谷重雄1959「旧官国幣社における式年造替制の調査」『建築史研究』27:1942年(昭和17年)神祇院調査の紹介。全国調査としては初例。
  • 太田博太郎1992「式年造替制の調査報告」『建築史学』18[1]
  • 太田博太郎1992「式年造替制私考」『建築史学』19[2]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%BC%8F%E5%B9%B4%E7%A5%AD%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E7%A4%BE%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール