ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

檀君陵

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-)

2020年6月4日 (木) 時点におけるWikiSysopKARASUYAMA (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索
檀君陵
だんくん りょう
概要 朝鮮の神話的国祖檀君の陵墓。
奉斎 檀君
所在地 黄海北道江東郡?
所在地(旧国郡) 平安南道江東郡?
関連記事


朝鮮の神話的国祖とされる檀君陵墓。朝鮮民主主義人民共和国により、平壌東郊に位置する墳墓が檀君の陵墓だと認定されている。

神話によると、太伯山(現在の白頭山とされる)に天帝の子桓雄が王権の象徴である天符印を持って降臨し、熊の化身である女性を后としたが、その子檀君が紀元前2333年に平壌を首都として朝鮮を建国し、1048歳で崩御したとされる。この檀君神話は、高麗時代の『三国遺事』(1280年ごろ)に初めて記載され、以後、朝鮮の建国神話として普及した。神話の成立は征服を受けて国家意識が高まった、モンゴル支配時代(1259ごろ?)と推定されている。

現在の伝承地がいつごろから、その伝承を得たのかは不明であるが、昭和年間の『名所旧蹟案内 平安南道』には江東郡江東面漆浦里に檀君墓があるとの記述がある。それによると、李氏朝鮮正祖(正宗)10年(1786年)に、毎年の春秋に県監に祭祀させることしたが、まもなく廃れた。日本植民地時代の1923年(大正12年)11月、江東郡明倫会が祭祀を復興し、門などを整備したという。戦後、1993年10月、朝鮮民主主義人民共和国社会科学院は、檀君陵の伝承地の発掘調査結果を発表し、檀君の墓だということが「科学的に」判明したと公表。翌年10月、檀君陵の築造を完了。ピラミッド型の構築物となっている。

参考文献

  • 『名所旧蹟案内 平安南道』
  • Flickrより檀君陵の写真[1]
  • 松原孝俊 「朝鮮神話研究の最前線 檀君神話を中心として」『松原研究室』 [2]


脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%AA%80%E5%90%9B%E9%99%B5」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール