ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

水無神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年3月12日 (木)

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(?組織)
(?宮司)
 
(間の8版分が非表示)
1行: 1行:
-
{|class="wikitable" style="width:350px;" align=right
+
'''水無神社'''(みなし・じんじゃ)は岐阜県高山市一之宮町(飛騨国大野郡)にある神社。主祭神は[[御歳大神]]で、相殿に14柱を祀り、合わせて'''水無大神'''と総称する。戦後の一時期、[[熱田神宮]]の[[草薙剣]]が疎開して奉安されたことでも知られる。
-
|-
+
[[官社]]・[[諸国一宮|飛騨国一宮]]・[[国幣小社]]・[[別表神社]][[伊勢神宮]]式年遷宮や[[大嘗祭]]に笏を献上する。
-
|style="text-align:center;background-color:#ededed" colspan="2"|'''水無神社'''<br>みなし じんじゃ
+
[[熱田神宮関連旧跡]]・[[神器関連旧跡]]
-
<!--
+
数十年に一度の[[式年祭]]「飛騨の大祭」がある。'''水無大菩薩'''。
-
|-
+
-
|style="text-align:center;"  colspan="2"|[[|350px]]
+
-
-->
+
-
|-
+
-
|style="background-color:#ededed;width:100px;"|概要
+
-
|位山の神を奉斎する神社。
+
-
|-
+
-
|style="background-color:#ededed"|奉斎
+
-
|水無神<br>(土岐昌訓論文)
+
-
|-
+
-
|style="background-color:#ededed"|所在地
+
-
|岐阜県高山市一之宮町5323
+
-
|-
+
-
|style="background-color:#ededed"|所在地(旧国郡)
+
-
|飛騨国大野郡
+
-
|-
+
-
|style="background-color:#ededed"|所属(現在)
+
-
|[[神社本庁]]
+
-
|-
+
-
|style="background-color:#ededed"|格式など
+
-
|[[官社|式内社]]・[[諸国一宮|飛騨国一宮]]・[[国幣小社]]・[[別表神社]]
+
-
|-
+
-
|style="background-color:#ededed"|関連記事
+
-
|[[熱田神宮関連旧跡]][[神器関連旧跡]]
+
-
<!--
+
-
|-
+
-
|style="text-align:center;" colspan="2"|
+
-
<googlemap version="0.9" lat="35.007626" lon="135.768142" type="map" zoom="16" width="350" height="300" controls="large">
+
-
http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&vps=1&jsv=327b&brcurrent=h3,0x34674e0fd77f192f:0xf54275d47c665244&msa=0&output=nl&msid=208806612508013451037.0004c2169adf4c6a43301
+
-
</googlemap>
+
-
-->
+
-
|}
+
-
[[category:個別記事]]
+
-
[[category:岐阜県]]
+
-
 
-
==概要==
 
-
<!--
 
-
==奉斎==
 
-
==由緒==
 
-
-->
 
==歴史==
==歴史==
 +
===古代===
 +
創建不詳。祭神は諸説ある。
 +
*851年(仁寿1年)1月27日正六位上(文徳実録)
 +
*867年(貞観9年)10月5日従五位上(三代実録)
 +
*868年(貞観10年)7月27日正五位下(三代実録)
 +
*871年(貞観13年)11月10日正五位上(三代実録)
 +
*873年(貞観15年)4月5日従四位下(三代実録)
 +
*881年(元慶5年)10月9日従四位上(三代実録)
 +
 +
===中世===
 +
1151年(仁平1年)、大江助高(大江匡房の孫)が祝となり派遣された。
 +
建保年間に本地堂を建てて神仏習合が進んだという。
 +
 +
1585年(天正13年)の金森長近の進攻で衰退。神主の三木三沢が抵抗したが滅ぼされた。
 +
しばらく[[飛騨・千光寺]]が別当を務めた。金森長近が1607年(慶長12年)、社殿造営。
 +
===近世===
 +
1695年(元禄8年)の検地以来、山下家と森家が神主を世襲したが、1773年(安永2年)の農民一揆「大原騒動」に加担した罪で断絶。代わって大江助高の末裔という梶原家が大宮司となる。この時、神仏分離が行われた。
 +
また1779年(安永8年)から「飛騨の大祭」が行われるようになった。
 +
 +
===近現代===
 +
1869年(明治2年)、位山に位山神社を創建。
 +
1945年(昭和20年)、[[熱田神宮]]の[[草薙剣]]が疎開のため、水無神社に奉遷された。
 +
==境内==
==境内==
-
==組織==
+
*神明社:摂社。
 +
*天神社:摂社。
 +
*中島社:摂社。
 +
*稲荷社:摂社。
 +
*白川神社:末社。ダム建設で沈んだ白川郷の神社を合祀して遷座。
 +
*右回廊奉祀末社
 +
*左回廊奉祀末社
 +
*本地堂:本尊は[[釈迦如来]]。廃絶。
 +
*阿弥陀堂:廃絶。
 +
 +
*[[位山]]:水無神社の奥宮。神体山ともいう。天岩戸など磐座が点在する。位山神社がある?
 +
*御旅山:位山の遥拝所とも。神輿が渡御する。
 +
 +
 +
*大幢寺:神社のそばにある。曹洞宗。水無神社社家の山下家・森家の菩提寺でもあった。
 +
*三木祖霊社:寺の中にある。三木三沢(水無神社の神主)を祀る。
 +
 +
 +
==組織==
===大宮司===
===大宮司===
大原騒動で山下家と森家が追放された後、信濃から梶原家が招聘され、明治まで「大宮司」と吉田家の「神祇道取締」を務めた。梶原家は[[大江氏]]。
大原騒動で山下家と森家が追放された後、信濃から梶原家が招聘され、明治まで「大宮司」と吉田家の「神祇道取締」を務めた。梶原家は[[大江氏]]。
55行: 56行:
*毛利茂()<-1872>:梶原家4代。毛利に改名。
*毛利茂()<-1872>:梶原家4代。毛利に改名。
-
==宮司==
+
===宮司===
-
*島崎正樹(1831-1886)<1874-1877>:尊攘派志士。文豪島崎藤村の父で、『夜明け前』主人公の青山半蔵のモデル。足利将軍像梟首事件に関わる。明治7年、水無神社宮司、10年末辞職。
+
*角田信道(1846-1884)<>:岩村田藩士。角田忠行(のち[[熱田神宮]]宮司)の弟。1846年(弘化3年)生。水無神社宮司の後、[[吉田神社]]宮司、[[広田神社]]宮司。1884年(明治17年)死去。
-
*吉住頼武()<>
+
*島崎正樹(1831-1886)<1874-1877>:尊攘派志士。角田忠行の盟友。文豪島崎藤村の父で、『夜明け前』主人公の青山半蔵のモデル。1831年(天保2年)生。足利将軍像梟首事件に関わる。1874年(明治7年)11月13日、水無神社宮司、1877年(明治10年)12月8日、辞職。1886年(明治19年)死去。
-
*大池真澄(1852-1923)<1881-1920?>:飛騨高山出身。1873年、[[伏見稲荷大社]]権宮司。1881年、水無神社宮司。1920年3月休職。
+
*吉住頼武()<1877->:高山県権大属。1877年(明治10年)12月13日水無神社宮司。
-
*河合繁樹()<-1928->[[皇典講究所]]庶務課長。[[宮崎神宮]]宮司、[[塩竈神社]]宮司。宮城県神社庁庁長。
+
*大池真澄(1852-1923)<1881-1920>:飛騨高山出身。1852年(嘉永5年)生。1873年(明治6年)、[[伏見稲荷大社]]権宮司。1881年(明治14年)、水無神社宮司。1920年(大正9年)3月5日休職。1923年(大正12年)9月18日死去。
-
*河崎正直()<-1936->:のち[[照国神社]]宮司、[[吉野神宮]]宮司。
+
*近藤弘代()<1920->:1920年(大正9年)3月5日水無神社宮司。のち[[赤間宮]]宮司。
-
*藤枝和泉()<>:
+
*河合繁樹(1890-1972)<-1928->:神社本庁長老。初代宮城県神社庁長。宮城県出身。1890年(明治23年)生。[[皇典講究所]]庶務課長。[[宮崎神宮]]宮司、[[志波彦神社]][[塩竈神社]]宮司。1972年(昭和47年)4月3日死去。
-
*上杉一枝(1893-1975)<>:[[神社本庁]]長老。
+
*桜井稲麿(1884-1937)<>:[[敢国神社]]宮司。飛騨総社社司。
-
*牛丸大吾()<>:
+
*河崎正直(1898-1985)<1933-1940>:石川県出身。1898年(明治31年)生。1925年(大正14年)国学院大学文学部道義科卒。同年伏見稲荷大社主典。1933年(昭和8年)水無神社宮司。1940年(昭和15年)[[照国神社]]宮司、1945年(昭和20年)[[吉野神宮]]宮司。1984年(昭和59年)吉野神宮名誉宮司。1985年(昭和60年)1月22日死去。
 +
*上杉一枝(1893-1975)<1946-1975>:[[神社本庁]]長老。初代岐阜県神社庁長。岐阜県出身。1893年(明治26年)生。1915年(大正4年)岐阜県吉城郡春日神社社掌。1919年(大正8年)水無神社主典。全国神職会評議員。1939年(昭和14年)岐阜県議会議員。京城神社社掌。1946年(昭和21年)2月、神社本庁設立と同時に理事となる。1946年(昭和21年)6月、水無神社宮司。1948年(昭和23年)から1953年(昭和28年)まで神社本庁常任理事。1956年(昭和31年)から1967年(昭和42年)まで神社本庁評議員会議長。1969年(昭和44年)神道政治連盟初代会長。同年、神社本庁長老。1975年(昭和50年)1月30日死去。
 +
*藤枝和泉(1930-)<>:岐阜県出身。1930年(昭和5年)生。1958年(昭和33年)国学院大学卒。高山日枝神社宮司。
 +
*牛丸大吾()<2016->:
===権宮司===
===権宮司===
78行: 82行:
==脚注==
==脚注==
<references/>
<references/>
 +
 +
 +
 +
[[category:岐阜県]]

2020年3月12日 (木) 時点における最新版

水無神社(みなし・じんじゃ)は岐阜県高山市一之宮町(飛騨国大野郡)にある神社。主祭神は御歳大神で、相殿に14柱を祀り、合わせて水無大神と総称する。戦後の一時期、熱田神宮草薙剣が疎開して奉安されたことでも知られる。 官社飛騨国一宮国幣小社別表神社伊勢神宮式年遷宮や大嘗祭に笏を献上する。 熱田神宮関連旧跡神器関連旧跡。 数十年に一度の式年祭「飛騨の大祭」がある。水無大菩薩

目次

歴史

古代

創建不詳。祭神は諸説ある。

  • 851年(仁寿1年)1月27日正六位上(文徳実録)
  • 867年(貞観9年)10月5日従五位上(三代実録)
  • 868年(貞観10年)7月27日正五位下(三代実録)
  • 871年(貞観13年)11月10日正五位上(三代実録)
  • 873年(貞観15年)4月5日従四位下(三代実録)
  • 881年(元慶5年)10月9日従四位上(三代実録)

中世

1151年(仁平1年)、大江助高(大江匡房の孫)が祝となり派遣された。 建保年間に本地堂を建てて神仏習合が進んだという。

1585年(天正13年)の金森長近の進攻で衰退。神主の三木三沢が抵抗したが滅ぼされた。 しばらく飛騨・千光寺が別当を務めた。金森長近が1607年(慶長12年)、社殿造営。

近世

1695年(元禄8年)の検地以来、山下家と森家が神主を世襲したが、1773年(安永2年)の農民一揆「大原騒動」に加担した罪で断絶。代わって大江助高の末裔という梶原家が大宮司となる。この時、神仏分離が行われた。 また1779年(安永8年)から「飛騨の大祭」が行われるようになった。

近現代

1869年(明治2年)、位山に位山神社を創建。 1945年(昭和20年)、熱田神宮草薙剣が疎開のため、水無神社に奉遷された。

境内

  • 神明社:摂社。
  • 天神社:摂社。
  • 中島社:摂社。
  • 稲荷社:摂社。
  • 白川神社:末社。ダム建設で沈んだ白川郷の神社を合祀して遷座。
  • 右回廊奉祀末社
  • 左回廊奉祀末社
  • 本地堂:本尊は釈迦如来。廃絶。
  • 阿弥陀堂:廃絶。


  • 位山:水無神社の奥宮。神体山ともいう。天岩戸など磐座が点在する。位山神社がある?
  • 御旅山:位山の遥拝所とも。神輿が渡御する。


  • 大幢寺:神社のそばにある。曹洞宗。水無神社社家の山下家・森家の菩提寺でもあった。
  • 三木祖霊社:寺の中にある。三木三沢(水無神社の神主)を祀る。


組織

大宮司

大原騒動で山下家と森家が追放された後、信濃から梶原家が招聘され、明治まで「大宮司」と吉田家の「神祇道取締」を務めた。梶原家は大江氏

  • 梶原家熊(1723-1801)<1778->:梶原家初代。
  • 梶原景直()<>:梶原家2代。
  • 梶原景審(1798-1872)<-1866->:梶原家3代。
  • 毛利茂()<-1872>:梶原家4代。毛利に改名。

宮司

  • 角田信道(1846-1884)<>:岩村田藩士。角田忠行(のち熱田神宮宮司)の弟。1846年(弘化3年)生。水無神社宮司の後、吉田神社宮司、広田神社宮司。1884年(明治17年)死去。
  • 島崎正樹(1831-1886)<1874-1877>:尊攘派志士。角田忠行の盟友。文豪島崎藤村の父で、『夜明け前』主人公の青山半蔵のモデル。1831年(天保2年)生。足利将軍像梟首事件に関わる。1874年(明治7年)11月13日、水無神社宮司、1877年(明治10年)12月8日、辞職。1886年(明治19年)死去。
  • 吉住頼武()<1877->:高山県権大属。1877年(明治10年)12月13日水無神社宮司。
  • 大池真澄(1852-1923)<1881-1920>:飛騨高山出身。1852年(嘉永5年)生。1873年(明治6年)、伏見稲荷大社権宮司。1881年(明治14年)、水無神社宮司。1920年(大正9年)3月5日休職。1923年(大正12年)9月18日死去。
  • 近藤弘代()<1920->:1920年(大正9年)3月5日水無神社宮司。のち赤間宮宮司。
  • 河合繁樹(1890-1972)<-1928->:神社本庁長老。初代宮城県神社庁長。宮城県出身。1890年(明治23年)生。皇典講究所庶務課長。宮崎神宮宮司、志波彦神社塩竈神社宮司。1972年(昭和47年)4月3日死去。
  • 桜井稲麿(1884-1937)<>:敢国神社宮司。飛騨総社社司。
  • 河崎正直(1898-1985)<1933-1940>:石川県出身。1898年(明治31年)生。1925年(大正14年)国学院大学文学部道義科卒。同年伏見稲荷大社主典。1933年(昭和8年)水無神社宮司。1940年(昭和15年)照国神社宮司、1945年(昭和20年)吉野神宮宮司。1984年(昭和59年)吉野神宮名誉宮司。1985年(昭和60年)1月22日死去。
  • 上杉一枝(1893-1975)<1946-1975>:神社本庁長老。初代岐阜県神社庁長。岐阜県出身。1893年(明治26年)生。1915年(大正4年)岐阜県吉城郡春日神社社掌。1919年(大正8年)水無神社主典。全国神職会評議員。1939年(昭和14年)岐阜県議会議員。京城神社社掌。1946年(昭和21年)2月、神社本庁設立と同時に理事となる。1946年(昭和21年)6月、水無神社宮司。1948年(昭和23年)から1953年(昭和28年)まで神社本庁常任理事。1956年(昭和31年)から1967年(昭和42年)まで神社本庁評議員会議長。1969年(昭和44年)神道政治連盟初代会長。同年、神社本庁長老。1975年(昭和50年)1月30日死去。
  • 藤枝和泉(1930-)<>:岐阜県出身。1930年(昭和5年)生。1958年(昭和33年)国学院大学卒。高山日枝神社宮司。
  • 牛丸大吾()<2016->:

権宮司

  • 山崎弓雄(?-1897)<1872-?>:岐阜県出身の神職。1872年(明治5年)権宮司。神職養成に尽くす。(『神道人名辞典』)

画像

参考文献

  • 土岐昌訓 平成7「旧官国幣社と延喜式内社」『神社史の研究』

脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%B0%B4%E7%84%A1%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール