ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

江戸・鳳閣寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年1月7日 (木)

移動: 案内, 検索

鳳閣寺(ほうかくじ)は、江戸青山にあった当山修験諸国総袈裟頭江戸触頭を務めた真言宗寺院。本尊は不動明王(江戸名所図会)。元は戒定院(戒定慧院)と言ったが、大和・鳳閣寺を兼務してから鳳閣寺を称するようになった。 廃絶。

観応年間、伊豆にあった。向因山実相寺吉蔵院と称した。のち元禄12年、俊尊が吉野鳳閣寺の兼務を命じられ、寺号を改めた(『東洋文庫東都歳時記』註)。浜松の二諦坊康松院も兼務した。 湯島天満宮の下にあったが湯島聖堂の南に移転(武江年表)。延宝3年のことか(同註)。 天明6年(1786)1月22日、湯島神田一帯の火災で焼失(武江年表)。 寛政10年(1798)、湯島から青山の梅窓院の東隣に移転(日本歴史地名大系)(武江年表では寛政11年とある)。


『寺社書上』48に「鳳閣寺縁記」(1681年(天和1年))があるらしい。

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E3%83%BB%E9%B3%B3%E9%96%A3%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール