ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

猛島神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-)

2020年11月24日 (火) 時点におけるWikiSysopKARASUYAMA (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

猛島神社(たけしま・じんじゃ)は長崎県島原市宮の町(肥前国高来郡)にある神社。祭神は五十猛命大屋津姫命抓津姫命県社森岳大明神鷹島大権現猛島大明神

歴史

1618年(元和4年)、松倉重政が森岳に鎮座していた森岳大明神を海辺の鷹島に遷座し、鷹島大権現と改称した。1625年(寛永2年)現在地に遷座。1669年(寛文9年)、入封した松平忠房は祭神を五十猛命とし、1675年(延宝3年)に社殿を造営。猛島大明神と改称し、島原城下の鎮守とした。1792年(寛政4年)の島原大変(眉山の山体崩壊)で社殿は消失。翌年、松平忠馮が神輿を寄進して復興を祈願した。1872年(明治5年)猛島神社と改称。1938年(昭和13年)8月県社。(日本歴史地名大系ほか)

『猛島神社志』[1]

http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%8C%9B%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール