ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

青松寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年12月24日 (木)

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
(間の1版分が非表示)
1行: 1行:
'''青松寺'''(せいしょうじ)は、東京都港区にある[[曹洞宗]]寺院。本尊は釈迦如来。単立。江戸時代、曹洞宗の[[龍穏寺]]末の[[江戸触頭]]を務めた。山号は万年山。
'''青松寺'''(せいしょうじ)は、東京都港区にある[[曹洞宗]]寺院。本尊は釈迦如来。単立。江戸時代、曹洞宗の[[龍穏寺]]末の[[江戸触頭]]を務めた。山号は万年山。
==塔頭==
==塔頭==
-
*清岸院
+
*清岸院:清岩院
-
*考寿院
+
*考寿院:高樹院
 +
*伝宗院
 +
*吟宗院
 +
*忠岩院
==組織==
==組織==
===歴代住職===
===歴代住職===
17行: 20行:
*心霊牛道(?-1655)<>:一峰麟曹の法嗣。最初は[[唐招提寺]]で学ぶ。
*心霊牛道(?-1655)<>:一峰麟曹の法嗣。最初は[[唐招提寺]]で学ぶ。
*十洲補道(?-1646)<>:心霊牛道の法嗣。
*十洲補道(?-1646)<>:心霊牛道の法嗣。
-
*高巌薫道()<>:十洲補道の法嗣。
+
*高巌薫道(?-1656)<>:十洲補道の法嗣。
*不中秀的(1621-1677)<>:高巌薫道の法嗣。
*不中秀的(1621-1677)<>:高巌薫道の法嗣。
*獅巌梅腑()<>:
*獅巌梅腑()<>:

2020年12月24日 (木) 時点における最新版

青松寺(せいしょうじ)は、東京都港区にある曹洞宗寺院。本尊は釈迦如来。単立。江戸時代、曹洞宗の龍穏寺末の江戸触頭を務めた。山号は万年山。

塔頭

  • 清岸院:清岩院
  • 考寿院:高樹院
  • 伝宗院
  • 吟宗院
  • 忠岩院

組織

歴代住職

  • 1雲岡舜徳(1438-1516)<>:龍穏寺の天庵玄彭の法嗣。青松寺、龍穏寺、最乗寺を歴任。
  • 普山彭寿(?-1521)<>:龍穏寺の天庵玄彭の法嗣。青松寺、最乗寺を歴任。
  • 喜州玄欣(?-1536)<>:雲岡舜徳の法嗣。青松寺、龍穏寺、最乗寺を歴任。
  • 節庵良〓(1458-1541)<>:喜州玄欣の法嗣。龍穏寺。
  • 泰翁徳陽(1477-1555)<>:節庵良〓の法嗣。
  • 在天宗鳳(1490-1572)<>:泰翁徳陽の法嗣。
  • 久室玄長(?-1585)<>:在天宗鳳の法嗣。
  • 瑞翁俊〓(?-1596)<>:久室玄長の法嗣。徳川家康の帰依を受けた。
  • 頭室伊天(1523-1600)<>:瑞翁俊〓の法嗣。
  • 一峰麟曹(1567-1623)<>:頭室伊天の法嗣。
  • 心霊牛道(?-1655)<>:一峰麟曹の法嗣。最初は唐招提寺で学ぶ。
  • 十洲補道(?-1646)<>:心霊牛道の法嗣。
  • 高巌薫道(?-1656)<>:十洲補道の法嗣。
  • 不中秀的(1621-1677)<>:高巌薫道の法嗣。
  • 獅巌梅腑()<>:
  • 如実秀本(1643-1717)<>:獅巌梅腑の法嗣。
  • 20嶺南秀恕(1675-1752)<>:如実秀本の法嗣。
  • 素信魯衷()<>:
  • 北野元峰(1842-1933)<>:素信魯衷の法嗣。永平寺住職。曹洞宗管長。
http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%9D%92%E6%9D%BE%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール