ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

サンセバスティアーノフォリレムーラ聖堂

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2015年9月26日 (土)

移動: 案内, 検索

サン・セバスティアーノ・フォリ・レ・ムーラ聖堂は、ローマにある、殉教者セバスティアヌスの墓の上に築かれたカトリック聖堂。聖パウロと聖ペトロの墓所と信じられていた時代もある。ローマの七大巡礼聖堂の一つ。城壁外の聖セバスティアヌス聖堂

皇帝ディオクレティアヌスの時代、近衛兵の若き将校セバスティアヌス(セバスティアーノ)は、他のキリスト教徒の兵士を援助した理由で杭に縛り付けられ、矢責めの刑にあった。死んだものとして放置されたが、イレネという女性の介抱で蘇生、再び逮捕され棍棒で殴られて殉教した。矢は疫病を象徴することから矢を受けても死ななかったセバスティアヌスは疫病予防・病気平癒の聖人として信仰されている。現在の聖堂は4世紀中頃のものを、1612年枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼの寄進で改築されたもの。地下には2世紀の廟堂が残されており、3世紀頃には使徒パウロとペトロの遺骸が収められていると信じられていたという。

伽藍

  • 向かって右脇の礼拝堂:「イエスの足跡」とセバスティアヌスが打たれた矢の聖遺物を納める。
  • 向かって左脇の礼拝堂:セバスティアヌスの横臥像があり、その下に聖骸を納める。

参考文献

  • 浅香正監修『季刊文化遺産17 ローマ古寺巡礼』
http://shinden.boo.jp/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%A9%E8%81%96%E5%A0%82」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール