ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

四十七書院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年5月27日 (日)

移動: 案内, 検索

四十七書院は、高宗8年(1871)3月の書院整理において残置せられた、特に由緒ある47カ所の書院のことである。

書院とは、儒者や功臣を祀った廟のことで、特に儒者を祀った廟に学校が附属したことから書院といった。白雲洞書院(紹修書院)が嚆矢とされる。そのうち有力なものには、王室から額が下賜され、これを賜額書院といった。しかし、次第に全国各地にある書院が政治に介入し、所領を擁して抗争が絶えなくなった。特に、明によって建立された華陽書院(明皇帝を祀る万東廟がある)は、明清の権威を借りて、勢力を振い、王室を悩ませた。

そこで大院君は、弊害甚だしい書院の撤廃を図った。大院君は、高宗元年、書院の新設を禁止した。高宗2年5月、華陽書院を廃止し、高宗8年(1871)3月に至って、大規模な整理に乗り出して、数百に及んだ書院のうち、特に由緒ある書院のほかは全て廃止となった。このとき残された特に由緒ある書院が四十七書院である。

一覧

名称 現地表記 種別 所在地
崇陽書院 숭양서원 道学 (京畿道)開城工業地区(北)
坡山書院 파산서원 道学 京畿道坡州市
深谷書院 심곡서원 道学 京畿道龍仁市
江漢祠 강한사 道学 京畿道驪州郡
遯巌書院 돈암서원 道学 忠清南道論山市
道東書院 도동서원 道学 (慶尚北道)大邱広域市
西嶽書院 서악서원 道学 慶尚北道慶州市
玉山書院 옥산서원 道学 慶尚北道慶州市
陶山書院 도산서원 道学 慶尚北道安東市
紹修書院 소수서원 道学 慶尚北道栄州市
興巌書院 흥암서원 道学 慶尚北道尚州市
藍渓書院 남계서원 道学 慶尚南道咸陽郡
武城書院 무성서원 道学 全羅北道井邑市
筆巌書院 필암서원 道学 全羅南道長城郡
鳳陽書院 봉양서원 道学 黄海道(北)
文会書院 문회서원 道学 黄海南道白川郡(北)
江華忠烈祠 충렬사 忠節 (京畿道)仁川広域市江華郡
顕節祠 현절사 忠節 京畿道広州市
牛渚書院 우저서원 忠節 京畿道金浦市
竜淵書院 용연서원 忠節 京畿道抱川市
四忠書院 사충서원 忠節 京畿道河南市
徳峰書院 덕봉서원 忠節 京畿道安城市
鷺江書院 노강서원 忠節 京畿道議政府市
紀功祠 기공사 忠節 京畿道高陽市
忠州忠烈祠 충렬사 忠節 忠清北道忠州市
表忠祠 표충사 忠節 忠清北道清州市
魯岡書院 노강서원 忠節 忠清南道論山市
彰烈書院 창렬서원 忠節 忠清南道扶余郡
金烏書院 금오서원 忠節 慶尚北道亀尾市
玉洞書院 옥동서원 忠節 慶尚北道尚州市
屏山書院 병산서원 忠節 慶尚北道安東市
釜山忠烈祠 충렬사 忠節 (慶尚南道)釜山広域市
彰烈祠 창렬사 忠節 慶尚南道晋州市
統営忠烈祠 충렬사 忠節 慶尚南道統営郡
居昌褒忠祠 포충사 忠節 慶尚南道居昌郡
光州褒忠祠 포충사 忠節 (全羅南道)光州広域市南区
彰節祠 창절사 忠節 江原道寧越郡
鉄原褒忠祠 포충사 忠節 江原道鉄原郡
忠烈書院 충렬서원 忠節 江原道鉄原郡
表節祠 표절사 忠節 平安北道定州市(北)
酬忠祠(廃絶) 수충사 忠節 平安北道寧辺郡(北)
武烈祠(廃絶) 무열사 忠節 (平安南道)平壌市(北)
三忠祠(廃絶) 삼충사 忠節 平安南道平原郡(北)
忠愍祠 충민사 忠節 平安南道安州市(北)
太師祠 태사사 忠節 黄海南道海州市(北)
清聖廟 청성묘 忠節 黄海南道海州市(北)
老徳書院 노덕서원 忠節 咸鏡南道北青郡(北)
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%9B%9B%E5%8D%81%E4%B8%83%E6%9B%B8%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール