ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」。これが「葬式をしない」代わりの「ともいき」の実践運動なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、「あかし」にはほど遠い。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら憲法の基幹を学び、労働基準法などを守り、同朋へのハラスメントをやめると告白すべきだ。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ56億7000万年かかるのか。

桃園市忠烈祠

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2014年12月31日 (水)

桃園県忠烈祠から転送)
移動: 案内, 検索
桃園市忠烈祠
とうえんけん ちゅうれつし
Toen churetsushi 07.jpg
概要 直轄市桃園市の忠烈祠。県社桃園神社跡地に位置する。桃園神社社殿が現在も用いられている。
所在地 桃園市桃園区成功路3段200号
種別 地方忠烈祠
関連記事

直轄市桃園市の忠烈祠。入祀烈士は265員である(2010年現在。資料B)。民国35年(1946年)6月17日、植民地時代の県社桃園神社の社殿をそのまま流用して「新竹県忠烈祠」が創建された(当時の資料『新竹県忠烈祠奉安典礼紀念留影』が現存しているという(資料C)。)。民国39年(1950年)10月25日、桃園県設置にともない、「桃園県忠烈祠」となった(その後、新竹県忠烈祠は現在に到るまで創建されていない。)。各地で神社転用忠烈祠の建て替えが進むなかで、当祠だけは建て替えが行われず、神社建築が用いられてきた。2014年12月25日、桃園県は直轄市に昇格して桃園市になり、桃園市忠烈祠に改称した。

桃園区の東北郊外の虎頭山の麓に位置する。流造の本殿、入母屋造の拝殿、神門がある。社務所も現存している。民国83年(1994年)2月15日、国家第三級古蹟に指定された。海外植民地創建神社建築で完全に近い形で現存している唯一の例である。地方政府管理の忠烈祠としては、中型のものである。春祭は3月29日の革命先烈紀念日に行われ、秋祭は9月3日の軍人節(日中戦争日本降伏日)に行われている(資料C)。

(資料A:ウェブサイト国防部後備司令部『祠祀葬〓』[1](2011/05/02閲覧)、資料B:内政部資料2011年1月「忠烈祠祀概況」、資料C:蔡錦堂2008「褒揚及忠烈祠祀栄典制度之研究」)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%A1%83%E5%9C%92%E5%B8%82%E5%BF%A0%E7%83%88%E7%A5%A0」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール