ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

永源寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年8月14日 (火)

移動: 案内, 検索

永源寺(えいげんじ)は、滋賀県東近江市にある臨済宗本山寺院。本尊は世継観音。臨済宗永源寺派大本山。専門道場が置かれている(永源僧堂)。

佐々木氏頼が寂室元光に帰依して創建。幻住派の拠点の一つ。 鎌倉円覚寺より上位に置かれたことがある。通称は山上永源寺(やまかみ・えいげんじ)。 山号は瑞石山、または飯高山。


目次

歴史

六角家、近世には井伊家の庇護を受けた。 明治13年、永源寺派として独立。

伽藍

  • 本堂:本尊は世継観音。方丈式本堂。1765年(明和2年)の再建。
  • 法堂:釈迦如来、迦葉、阿難を祀る。1728年(享保13年)の再建。大雄宝殿。
  • 開山堂:1725年(享保10年)再建。
  • 山門:楼上に釈迦・文殊・普賢と十六羅漢を祀る。1795年(寛政7年)の再建。
  • 経堂:1676年(延宝4年)再建。
  • 鐘楼
  • 書院
  • 井伊家墓地

塔頭

  • 含空院:寂室元光の塔所。1377年(天授3年/永和3年)創建。初めは考槃庵と称した。1415年(応永22年)に足利義持が滞在した時に改称したという。1647年(正保4年)再建の堂宇が残る。

本庵

含空院と永源寺自身を加えて飯高六箇寺という。

  • 永安寺:弥天永釈の塔所。永安派の本庵。本尊は地蔵菩薩。1387年(元中4年/嘉慶1年)創建。永安派は寺内で一番力を持った。1564年(永禄7年)の兵火で焼失。1803年(享和3年)に再建されたのが現在の堂宇。開山塔を龍井庵・宝相塔と称した。また塔頭として正眼庵・祥雲庵・総持院などがあった。山号は瑞雲山。
  • 興源寺:松嶺道秀の塔所。興源派の本庵。本尊は聖観音。松嶺道秀が永源寺住職を辞任した1415年(応永22年)頃の創建とみられる。1564年(永禄7年)の兵火で焼失。現在の堂宇は1703年(元禄16年)の再建。開山塔は牛襴堂。山号は大雲山。
  • 曹源寺:霊仲禅英の塔所。曹源派の本庵。1391年(明徳2年)の創建。応仁の乱を避けて京都五山から避難した横川景三・桃源瑞仙が滞在している。塔頭として龍門庵や識蘆庵があった。1564年(永禄7年)の兵火で焼失して衰退。明治初年廃絶。開山塔は従源庵・芙蓉塔。山号は集雲山。
  • 退蔵寺:越渓秀格の塔所。退蔵派の本庵。本尊は釈迦如来。1390年(元中7年/明徳1年)創建。1552年(天文21年)、十刹となる。寺地は転々としており、最初は興源寺の前にあったが、曹源寺の谷奥などに移った。永禄の兵火の後に九居瀬村に移転。1965年(昭和40年)からの永源寺ダム建設で現在地に移転した。塔頭として直心庵・瑞玉庵・定光院などがあった。山号は仏日山。

その他

  • 龍安院
  • 通玄院


組織

歴代住職(中世)

  • 1寂室元光(1290-1367)<1359-1367>:入元して中峰明本に師事。石塔寺、桑実寺に寓していた。岡山県真庭市勝山の生誕地に明徳寺が建てられた。
  • 2弥天永釈(?-1406)<1368->:永安派の開祖。寂室元光の弟子。浄光寺に住す。近江・永安寺、三河甘泉寺・三河天恩寺を創建。諡号は見性悟心禅師。
  • 3松嶺道秀(1330-1417)<?-1415>:興源派の開祖。寂室元光の弟子。黙翁祖淵、実翁聡秀に学ぶ。興源寺、伊豆林際寺を創建。
  • 4霊仲禅英(?-1410)<>:曹源派の開祖。寂室元光の弟子。曹源寺を創建。諡号は円智悟空禅師。
  • 5越渓秀格(?-1413)<>:退蔵派の開祖。寂室元光の弟子。近江退蔵寺を創建。諡号は円照仏恵禅師。
  • 6知庵元周(?-1395)<>:永聖寺を創建。永聖派の開祖。「知菴元周」、「智庵元周」とも。
  • 7大蔵()<>:
  • 8弥天永釈(?-1406)<>:再任。
  • 9霊仲禅英(?-1410)<>:再任。
  • 10可庭道印()<>:
  • 11松嶺道秀(1330-1417)<>:
  • 12高嶽元正()<>:
  • 13蘭窓元香()<>:
  • 14和甫斎忍()<>:
  • 15普門元融()<>:
  • 16密山聖巌()<>:
  • 17嘉隠道贇()<>:興源寺住職。
  • 18傑巌禅偉()<>:
  • 19虚白文玄()<>:
  • 20天容紹普()<>:
  • 21竺翁子舟()<>:
  • 22桂林徳昌()<>:
  • 23月江元皎()<>:
  • 24玉翁禅玖()<>:
  • 25子真禅史()<>:
  • 26傑巌禅偉()<>:
  • 27功林宗勲()<>:
  • 28寛夫元宥()<>:
  • 29大章元継()<>:
  • 30規伯正訴()<>:
  • 31心月元清()<>:
  • 32柏舟宗趙()<>:
  • 33祖山慧範()<>:
  • 34絶窓明心()<>:
  • 35大道清心()<>:
  • 36功林宗勲()<>:
  • 37春谷聖葩()<>:
  • 38詢甫宗泉()<>:
  • 39春栄清忻()<>:
  • 40玉翁禅玖()<>:
  • 41笑翁永忻()<>:
  • 42孤峰聖独()<>:
  • 43心月元清()<>:
  • 44久菴道永()<>:
  • 45秋江義澄()<>:
  • 46覚雄()<>:
  • 47叔華秀円()<>:
  • 48大道清心()<>:
  • 49春谷聖葩()<>:
  • 50憔天正珠()<>:
  • 51文叟秀好()<>:叔華秀円の弟子。
  • 52仁恕文山()<>:
  • 53朴堂道淳()<>:久庵道永の弟子。
  • 54山翁元静()<>:文叟秀好の弟子。
  • 55明窓元慧()<>:
  • 56南溟道運()<>:
  • 57茂林周繁()<>:山翁元静の弟子。
  • 58鉄牛元心()<>:
  • 59天用永長()<>:
  • 60雲谷瑞登()<>:
  • 61妙道正伝()<>:
  • 62子雲聖種()<>:茂林周繁の弟子。
  • 63月峰東自()<>:
  • 64伝岩宗祐()<>:茂林周繁の弟子。
  • 65千芳宗俊()<>:茂林周繁の弟子。
  • 66礼安衆文()<>:
  • 67義海宗了()<>:茂林周繁の弟子。
  • 68梅庵清愚()<>:「梅菴清愚」。
  • 69堪叟祖忍()<>:
  • 70栢浦鳳庭()<>:
  • 71春嶽周栄()<>:
  • 72梅隠道雪()<>:
  • 73十竹周哲()<>:茂林周繁の弟子。
  • 74物外元無()<>:
  • 75定林道静()<>:興源寺住職。
  • 76松雲秀巌()<>:
  • 77日峰永旭()<>:
  • 78月峰在自()<>:
  • 79久窓元良()<>:
  • 80無因是三()<>:
  • 81真庵道棠()<>:
  • 82雲岑宗祥()<>:茂林周繁の弟子。
  • 83林翁一明()<>:
  • 84大川正済()<>:
  • 85高岳元徳()<>:
  • 86龍雲元孤()<>:
  • 87文湖慧弘()<>:
  • 88別峰紹印()<>:妙心寺住職?。復興事業に手を付ける。
  • 89龍山宗昆()<>:
  • 90空子元晋()<>:

歴代住職(近世)

  • 91一絲文守(1608-1646)<1643->:永源寺中興。岩倉家出身。初めは沢庵宗彭に師事。愚堂東寔に学ぶ。後水尾上皇の帰依を受け、その命で入寺。彦根藩主井伊直澄の支援で伽藍を復興した。以後、妙心寺の系統となる。丹波法常寺を創建。諡号は定慧明光仏頂国師。「一糸文守」。
  • 92如雪文巌(1601-1671)<>:一絲文守の弟子。
  • 94以心明伝()<>:
  • 95是道明智()<>:
  • 96碧雲自閑()<>:一絲文守の弟子。
  • 97英申玄賢()<>:
  • 98南嶺文詢()<1671->:一絲文守の弟子。「南嶺慧詢」か。
  • 99拙心正干()<>:一絲文守の弟子。
  • 100大休周愚()<>:如雪文巌の弟子。
  • 101香山禅桂()<>:如雪文巌の弟子。
  • 102石梯道雲()<>:南嶺慧詢の弟子。
  • 103雪巌全立()<>:
  • 104石天祖梁()<>:
  • 105春山智融()<>:如雪文巌の弟子。
  • 106笠翁仙寿()<>:
  • 107綱宗智常()<>:如雪文巌の弟子。
  • 108全応玄提()<>:南嶺慧詢の弟子。
  • 109月江慧覚()<>:
  • 110龍岩禅泉()<>:
  • 111大年永椿()<>:南嶺慧詢の弟子。
  • 112木峻恵倹()<>:
  • 113月江慧覚()<>:
  • 114呑海一口()<>:
  • 115龍岩禅泉()<>:
  • 116一渓全超()<>:
  • 117龍潭宗見()<>:
  • 118朴宗祖淳()<>:
  • 119霊泉周林()<>:
  • 120朴宗祖淳()<>:
  • 121龍潭宗見()<>:
  • 122大英正賢()<>:
  • 123石翁玄門()<>:
  • 124大英正賢()<>:
  • 125一要智観()<>:
  • 126確翁全堅()<>:
  • 127〓州遅〓()<>:
  • 128大梅志玄()<>:
  • 129拙堂道淳()<>:
  • 130拙堂道淳()<>:
  • 131天巌文聴()<>:
  • 132石門是柱()<>:
  • 133雲渓慧松()<>:
  • 134寛道慧仁()<>:
  • 135怡山全〓()<>:
  • 136大雄道祥()<>:
  • 137興道慧隆()<>:
  • 138錬室鴻薫()<>:
  • 139定巌宗恕()<>:
  • 140笑翁慧〓()<>:
  • 141定巌宗恕()<>:
  • 142丹崖周桂()<>:
  • 143霊隠道仙()<>:
  • 144成山祖功()<>:
  • 145大啓是静()<>:
  • 146成山祖功()<>:
  • 147通玄祖関()<>:
  • 148豊山禅喜()<>:
  • 149万堅文通()<>:
  • 150瑞応主〓()<>:
  • 151万堅文通()<>:
  • 152通玄祖関()<>:
  • 153大安義全()<>:
  • 154万橋文宜()<>:
  • 155江庵宗深()<>:「江菴宗深」。
  • 156万橋文宜()<>:再任。
  • 157海州楚棟(1808-1877)<>:東福寺288世。(略歴は東福寺#組織を参照)
  • 158邃巌文周()<>:富高邃巌。
  • 159琢州恵琳()<>:伊藤琢州。管長。『望月仏教大辞典』に「琢周」とあるのは誤りか。
  • 160養堂素拙(1828-)<>:南雲養堂。管長。『望月仏教大辞典』に「養堂策拙」とあるのは誤りか。
  • 161臨応禅機()<>:沢村臨応。管長。
  • 162琢宗恵満()<>:久松琢宗。管長。
  • 163石蓮実全(1850-1921)<>:蘆津実全。管長。最初は天台宗。荻野独園に師事し、臨済宗に転じる。
  • 164独鳳円逸(1864-1955)<>:高木独鳳。管長。
  • 165雄峰宗儁(1900-1982)<>:関雄峰。管長。
  • 166大雄承忍(1939-2011)<>:篠原大雄。管長。鹿児島県出身。竹田益州の法嗣。1983年(昭和58年)4月、師家管長に就任。室号は仙巌室。
  • 167慈明宗閑(1942-)<>:道前慈明。管長。室号は槐安窟。
  • 『望月仏教大辞典』
  • 「永源寺歴代」[1]

ほか

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%B0%B8%E6%BA%90%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール