ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

通玄寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年7月10日 (土)

移動: 案内, 検索

通玄寺(つうげんじ)は、京都の烏丸御池にあった臨済宗寺院。尼五山第五位。現在の京都府京都市中京区曇華院前町あたりにあった。 智泉聖通が創建。応仁の乱で廃絶。足利義視(略歴は浄土寺#組織を参照)が滞在。塔頭として曇華院門跡慈受院門跡総持院門跡があった。元塔頭の曇華院に併合された。 山号は瑞雲山。

目次

歴史

平安時代の高倉宮御所の地にあたる。 1467年(応仁1年)の応仁の乱で廃絶し、曇華院門跡に合併された。 廃絶後も名のみ存続したようだ。 曇華院門跡は1871年(明治4年)に嵯峨に移転した。

組織

住職

曇華院#組織を参照。

上記にはないが、後西天皇皇女で慈受院門跡の明山瑞光女王(1674-1706)も墓塔に「前住通玄」とある(『陵墓要覧』1934[1])。

資料

  • 『通玄寺志』[2]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%80%9A%E7%8E%84%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール