ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

一燈園本部

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2016年3月5日 (土)

移動: 案内, 検索

一燈園本部は、京都府京都市山科区にある一燈園の本部。


見出し文

    • 回光社:本部事務所
    • 礼堂:正面に円窓を備えた礼壇がある。礼拝対象となるのは円窓から差し込む大自然の光(お光り)である。左右に神仏を祀る。1933年(昭和8年)建立。
    • 総寮:研修道場
    • おひかり堂:まんだら廟、聖徳太子を祀る多宝塔がある。
    • 愛善無怨堂:正面に円窓を備えた礼壇がある。礼壇には神聖な4灯が灯されており、広隆寺の分灯、延暦寺の分灯、日向大神宮の灯という「神宮」、一燈園生活の祖霊を示す「家廟」という灯である。名称は西田の出発点となった長浜愛染明王堂に基づく。1930年(昭和5年)建立。鎮魂のため蹴上刑場の土を祀った無怨塚がある。
    • 維摩堂:維摩居士を一燈園生活の先駆者として祀る。北村西望作の「路頭像」と呼ばれる西田の像がある。
    • 王雲宮:球状の独特な形の納骨堂。

参考文献

  • 一燈園ウェブサイト(平成28年3月閲覧)
http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%B8%80%E7%87%88%E5%9C%92%E6%9C%AC%E9%83%A8」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール