ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

勝長寿院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年2月22日 (月)

移動: 案内, 検索

勝長寿院(しょうちょうじゅいん)は、神奈川県鎌倉市雪ノ下(相模国鎌倉郡鎌倉)にあった源家ゆかりの寺院。本尊は阿弥陀如来源頼朝が鎌倉に創建した最初の寺院で、父源義朝の菩提寺。源頼朝が鎌倉時代初期に造営した三大寺社(鶴岡八幡宮永福寺、勝長寿院)の一つ。日光山満願寺座主光明院を兼務。関東祈祷所大御堂南御堂。山号は阿弥陀山。 (参考:同名寺院大御堂

目次

歴史

1185年9月3日、源義朝と鎌田正清の首を埋葬。 10月24日に落慶した。代々の将軍が年末に参詣。 室町時代にも関東公方足利家が重視した。 1540年頃までは現存していたが江戸時代初期には廃絶していた。


横須賀浄楽寺寺号を移したという伝承もある。

(『国史大辞典』、『日本歴史地名大系』)


伽藍

  • 本堂:
  • 弥勒堂:
  • 五仏堂:本尊は五大尊。源実朝の供養のため建立。
  • 新御堂:勝長寿院奥殿。北条政子が建立。
  • 御所:北条政子が造営。
  • 持仏堂:御所に付属。廊の御堂。源実朝の持仏を祀ったという。
  • 三重塔:源実朝十三回忌で建立。
  • 経蔵:
  • 源義朝首塚:
  • 鎌田正清首塚:
  • 源実朝法華堂
  • 北条政子法華堂

組織

勝長寿院別当

  • 文覚(生没年不詳)<>:勝長寿院を創建。鎌倉・永福寺別当。
  • 性我()<1192->:初代別当。真言宗。鎌倉・永福寺別当を経て1192年(建久3年)勝長寿院別当。恵眼房。
  • 定豪(1152-1238)<1199-1220>:真言宗。源延俊の子。1199年(正治1年)勝長寿院別当。1220年(承久2年)鶴岡別当。
  • 親慶()<1220-1224>:天台宗寺門派。中山忠親の子。1220年(承久2年)1月21日勝長寿院別当。1224年(元仁1年)退任。
  • 良信(1173-1253)<1224-1253>:幕府護持僧。藤原長信の子。忠快の弟子。1224年(元仁1年)平泉総別当。同年8月、勝長寿院別当。1253年(建長5年)死去。大蔵卿法印。
  • 最信()<1253-?>:足利義氏の子。1253年(建長5年)5月16日勝長寿院別当。
  • 弁覚(生没年不詳)<>:日光山座主23世。日光山中興。関政家の子。隆宣の弟。鶴岡八幡宮供僧。1209年(承元3年)座主就任(1210年(承元4年)とも)。勝長寿院別当を兼務。1240年(仁治1年)日光山光明院を創建。熊野や吉野で修行した山伏という。和田合戦に参戦。日光に熊野修験を伝えたという。1251年(建長3年)8月4日死去。但馬法印。(なし)
  • 尊家(?-1273)<>:日光山座主25世。藤原顕家の子。本覚院門跡となる。鎌倉幕府執権の北条時頼の招きで1253年(建長5年)10月、日光山座主に就任し、鎌倉の勝長寿院別当も兼務。竹林坊静厳の弟子。1273年(文永10年)11月12日死去。(なし)
  • 源恵(1244-1307)<?-1307>:日光山座主26世。天台宗。天台座主。九条家出身。4代将軍九条頼経の子。1244年(寛元2年)生。尊家と本覚院門跡最源の弟子。1274年(文永11年)日光山座主。勝長寿院別当・本覚院門跡を兼務。1307年(徳治2年)10月20日死去。64歳。
  • 仁澄法親王(?-1318)<1307->:日光山座主27世。天台宗。天台座主。7代将軍惟康親王の王子。源恵の弟子。1307年(徳治2年)勝長寿院別当。1308年(延慶1年)4月、日光山座主。本覚院門跡を兼務。1316年(正和5年)6月29日天台座主。
  • 道潤(1266-1329)<?-1329>:日光山座主29世。天台座主。関白左大臣二条良実の子。1266年(文永3年)生。源恵の弟子。1323年(元亨3年)日光山座主。在職8年という。1302年(乾元1年)5月、天台座主。1329年(元徳1年)死去。竹林院(比叡山?)・本覚院門跡でもある。
  • 聖慧(生没年不詳)<1330-1333>:日光山座主30世。天台座主。7代将軍惟康親王の王子。仁澄の弟か。久明親王猶子。仁慧法親王の弟子。親源の弟子とも。道瑜に法を学ぶ。1330年(元徳2年)日光山座主・勝長寿院別当。本覚院を兼務。鎌倉幕府に親しい立場だったため幕府の崩壊と共に1333年(元弘3年/正慶2年)勝長寿院別当退任。1334年(建武1年)日光山座主を退任。後醍醐天皇の吉野潜幸を受け、1337年(延元2年/建武4年)日光山座主に再任。1338年(延元3年/暦応1年)天台座主。聖恵。
  • 守慧法親王(?-1378)<>:日光山座主32世。9代将軍守邦親王の王子。聖慧の弟子。1346年(貞和2年)日光山座主。33年在職。本覚院門跡・深大寺別当を兼務。1378年(永和4年)2月9日死去。守恵。
  • 満守(生没年不詳)<>:日光山座主35世。鎌倉公方2代足利氏満の子。足利義満の猶子。俗名を満秀もしくは満季という。聖如の弟子。1385年(元中2年/至徳2年)日光山座主。在職6年。本覚院門跡・勝長寿院別当を兼務。
  • 慈玄(生没年不詳)<>:日光山座主36世。一条家出身。関白一条経嗣の子。4代将軍足利義持の猶子。満守の弟子。1390年(元中7年/明徳1年)日光山座主。本覚院門跡・勝長寿院別当を兼務。持玄とも。
  • 昌潤(生没年不詳)<>:足利家出身。関東公方足利持氏の子。1455年(康正1年)日光山権別当。鎌倉勝長寿院別当を兼務。鎌倉を出奔。成潤とも。


両法華堂別当

源実朝法華堂と北条政子法華堂を管轄した。

  • 良助()<1417->:1417年6月19日別当。
  • 澄助()<>:
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%8B%9D%E9%95%B7%E5%AF%BF%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール