ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

十玉院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2017年9月15日 (金)

移動: 案内, 検索

十玉院(じゅうぎょくいん)は、武蔵国入間郡(埼玉県富士見市)下南畑にあった修験道本山派の寺院。本尊は不動明王。本山派二十七先達の一つ。廃絶。旧称は十玉坊八幡寺と号す。山号は南城山。

歴史

創建不詳。文明18年、聖護院門跡の道澄の東国巡拝の時に長期滞在している。その時は大塚という場所(川越市や志木市という説がある)にあったという。 天文3年までに入間郡水子に移転。関東本山派の中心的寺院だったが、次第に衰退して天正7年廃絶。そのため北条氏照は多摩郡芝山(清瀬市)で再興を許可したが、中心的地位は玉瀧坊武蔵・不動院に移った。北条氏滅亡後、入間郡下南畑の難波田氏館跡に移転。神仏分離で廃絶。 (日本歴史地名大系)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%8D%81%E7%8E%89%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール