ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

吉水神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年7月3日 (金)

移動: 案内, 検索

吉水神社(よしみず・じんじゃ)は、奈良県吉野郡吉野町の吉野山にある後醍醐天皇を祀る霊社吉野神宮の前身。吉水院が廃されて成立。村社。

後醍醐天皇の他、楠木正成と宗信を配祀する。 宗信は後醍醐天皇を吉野山に迎えた僧で、山内に宗信墓がある。

歴史

吉水院は後醍醐天皇の御所となっていた。 崩御後、後村上天皇が後醍醐天皇像を吉水院に祀った。 明治の神仏分離・廃仏毀釈で、1875年3月5日、吉水院は吉水神社となった。 1889年、後醍醐天皇像は吉野神宮に奉遷されたが、吉水神社も存続した。

2001年に不審火で焼失した勝手神社を仮に合祀している。

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%90%89%E6%B0%B4%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール