ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

四天王寺亀井堂

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年12月5日 (日)

移動: 案内, 検索

四天王寺亀井堂は大阪府大阪市天王寺区の四天王寺にある堂。祖先供養の聖地とされる。西側に地蔵菩薩を本尊とする亀井の間があり、中央の井戸の中に飛鳥時代の亀型の水盤がある。霊水は亀井水、白石玉出の水と呼ばれる。東側の影向の間には聖徳太子の「楊枝の御影」を祭り、左右に馬頭観音と地蔵菩薩を祀る。経木供養が行われる。「楊枝の御影」は聖徳太子が青龍池に姿を映して自ら楊の枝で描いたというもので、聖霊会で六時礼讃堂に祀る。1945年(昭和20年)の戦災で焼失。1955年(昭和30年)再建。講堂の東側にある。脇に亀井不動尊がある。四天王寺関連旧跡

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%9B%9B%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E5%AF%BA%E4%BA%80%E4%BA%95%E5%A0%82」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール