Warning: Parameter 3 to GoogleMaps::render16() expected to be a reference, value given in /home/users/2/boo.jp-shinden/web/wiki/includes/parser/Parser.php on line 3333
圜丘壇 (李氏朝鮮) - SHINDEN

ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

圜丘壇 (李氏朝鮮)

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2013年1月25日 (金)

移動: 案内, 検索
圜丘壇
かんきゅうだん
Seoul tendan (5).jpg
皇穹宇(圜丘壇の附属施設)
概要
奉斎
所在地 ソウル特別市中区
所在地(旧国郡)
関連記事


目次

概要

圜丘壇は大韓帝国の天壇である。 高宗34年・光武元年(1897年)、朝鮮国王高宗は、自らが「天子」であることの象徴として圜丘壇を建立し、9月17日(新暦10月12日)、天神諸神を祭って、大韓帝国皇帝即位礼を執行し、初代大韓帝国皇帝となった。以後、毎年、冬至と元日に祭典を行うこととした。

光武3年(1899)を皇穹宇を建立。 このとき同時に第1代太祖を太祖高皇帝として祀った[1]

壇は三層からなり、花崗岩製である。最上段の上部に黄金塗円錐形の屋根が掛けられている。 第一層に皇天上帝、第二層に日月、第三層に星辰雲雨風雷山川が祀られた。

圜丘壇、皇穹宇ともに沈宜碩の設計である。

隆熙2年7月20日、勅令50号、享祀改正により国有地となる。 大正3年、皇穹宇のみ残して廃絶となり、その跡地は朝鮮ホテル(現・ウェスティン朝鮮ホテル)となる。

画像

参考文献

  • 『京城府史』656頁。


脚注

  1. 圜丘壇に祀ったのか、皇穹宇に祀ったのか不明
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%9C%9C%E4%B8%98%E5%A3%87_(%E6%9D%8E%E6%B0%8F%E6%9C%9D%E9%AE%AE)」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール