ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

妙法華寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年2月5日 (水)

移動: 案内, 検索

妙法華寺(みょうほっけじ)は、静岡県三島市玉沢にある日蓮宗寺院。元は鎌倉にあり、場所は移っているが六老僧の一人日昭(1221-1323)の法灯を継承する寺院。浜門流の拠点。本尊は十界大曼荼羅日蓮宗久遠寺派本山・由緒寺院玉沢妙法華寺。山号は経王山。

歴史

日蓮高弟の日昭が、1271年(文永8年)の師の佐渡配流の後、浜土法華堂を建立。師不在の鎌倉で門下の統合の拠点とした。1282年(弘安5年)に日蓮が死去した後、1284年(弘安7年)、風間信昭なる人物が、この法華堂の傍らにあった工藤祐経の邸跡に、日昭を開山として妙法華寺を創建した(現在の鎌倉実相寺の地か?)。風間信昭は工藤祐経の孫で、越後に所領を持っており、日昭の末流(浜門流)は村田妙法寺を始め、越後に広まった。妙法華寺は足利尊氏祈願所となり、実相寺と呼ばれたともいう。

延文康安頃(1356-1362)、地震で被災し、材木座に移転再建(位置不詳)。1538年(天文7年)、北条氏康の兵火で焼失したため、末寺であった越後の村田妙法寺に避難。50年以上、越後にあったが1594年(文禄3年)、伊豆・妙国寺に移った。1621年(元和7年)(1625年(寛永2年)とも)、徳川家康側室の養珠院(お万の方)の寄進で現在地に移転した。1625年(寛永2年)徳川秀忠から朱印地寄進。

また旧地の鎌倉にも1621年(元和7年)、日潤が鎌倉・実相寺を再興した。 (国史大辞典、日本歴史地名大系)

組織

歴代住職

  • 1日蓮
  • 2日昭(1221-1323)<>:妙法華寺開山。六老僧の第一位。弁阿闍梨。名瀬妙法寺村田妙法寺)を創建。墓は鎌倉実相寺、村田妙法寺にある。
  • 3日祐
  • 4日運
  • 5日湛
  • 6日誉
  • 7日教
  • 8日英
  • 9日海
  • 10日伝
  • 11日周
  • 12日弘
  • 13日南
  • 14日苞
  • 15日産
  • 16日達
  • 17日亮
  • 18日遵
  • 19日通
  • 20日莚(1609-1681)<>:隆源院。身延29世。中村檀林化主10世。小西檀林化主。妙法華寺19世。妙顕寺15世。秋田に流罪。
  • 21日叙
  • 22日養
  • 23日善
  • 24日迅
  • 25日宗
  • 26日言
  • 27日好(1655-1734)<>:京都出身。1697年(元禄10年)妙法華寺住職。中村檀林を再興。禅智院。唯妙。1734年(享保19年)7月20日死去。80歳。
  • 28日随
  • 29日演
  • 30日超
  • 31日行
  • 32日忠
  • 33日通
  • 34日淳
  • 35日春
  • 36日逢
  • 37日全
  • 38日厚
  • 39日明
  • 40日貞
  • 41日桓
  • 42日宸
  • 43日肇
  • 44日能
  • 45日温
  • 46日栄
  • 47日耀
  • 48日暉
  • 49日長
  • 50日厳
  • 51日遥
  • 52日静
  • 53日乗
  • 54日勝
  • 55日耆
  • 56日暹
  • 57小川日貞
  • 58水村日鴻
  • 59小沢日精
  • 60日定
  • 61小池日官
  • 62日性
  • 63日慎
  • 64松井日叡

(日蓮宗事典)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%A6%99%E6%B3%95%E8%8F%AF%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール