ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

実勝寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年9月19日 (水)

移動: 案内, 検索

実勝寺(じっしょうじ)は、清朝初期の都だった盛京(瀋陽)にあった、モンゴル地方のレガリアであったパスパ造立の大黒天像を奉安していたチベット仏教寺院。清朝皇室とゆかりが深く、皇寺と呼ばれる。現存。

歴史

1638年(1636年?)創建。政治的正統性を象徴する元朝由来の像を祀ることで、「元朝を継承する清朝」という立場を確かなものとし、モンゴル支配の強化を図った。 北京遷都前の最大の寺院で、清朝の仏教建築、仏教美術の濫觴とされる。像は辛亥革命によって失われたという。

1966年からの文化大革命で被災した後、1981年に復興。

参考文献

  • 嘉木揚凱朝「文化大革命後のモンゴル仏教の様態―北京市雍和宮と承徳市普寧寺を中心として」[1]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%AE%9F%E5%8B%9D%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール