ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

常陸・大覚寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2015年10月28日 (水)

移動: 案内, 検索

大覚寺(だいかくじ)は茨城県石岡市にある二十四輩善性房明法房ゆかりの浄土真宗寺院。板敷山。周観大覚(善性房。後鳥羽天皇皇子の正懐親王)が東国行脚していたときに創建。交通の要衝で親鸞もよく通り掛かった地にあり、弁円(のちの明法房)はここで親鸞を襲撃する機会を伺ったが失敗したという。弁円が祈祷したという護摩壇が残るという。(参考:同名寺院大覚寺_(同名)

参考文献

  • 今井雅晴監修、2011『親鸞聖人関東ご旧跡ガイド』本願寺出版社
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%B8%B8%E9%99%B8%E3%83%BB%E5%A4%A7%E8%A6%9A%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール