ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

親鸞旧跡

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年10月9日 (金)

親鸞から転送)
移動: 案内, 検索

親鸞(しんらん)(1173-1262)は、浄土真宗の開祖。法然の弟子。見真大師。忌日法要を報恩講(御正忌報恩講)と呼ぶ。ご開山


目次

信仰

御影(彫像など)

一般には御影を「みえい」と読むが真宗では「ごえい」と読む。

  • 骨肉の御影:西本願寺の本尊。
  • 常葉の御影:真宗本廟(旧東本願寺)の本尊。
  • 箱根の御真影:東京・東本願寺の本尊。
  • 時雨の御影:高野山巴陵院
  • そばくい御影
  • 植髪の御影:青蓮院植髪堂に祀られる。
  • 草鞋の御影:頂法寺親鸞堂に祀られる。2体のうちの1体。
  • 夢想像:頂法寺親鸞堂に祀られる。2体のうちの1体。
  • 満足の御影:錦織寺御影堂本尊。
  • 鎌田の御影:善通寺に伝来。下総国鎌田で親鸞の命で描かれたと伝わる。
  • 常敬寺の御影:最初に大谷廟堂に奉安された御影像という説もある。下総・常敬寺蔵。
  • 黒箱の御影:
  • 居多の御影:

御影(画像)

  • 鏡御影:画像。白地に墨書にした素朴なデッサン。線描で立ち姿を描く。藤原信実の子の専阿弥陀仏が描いた。1310年(延慶3年)に修理をした時に覚如が賛を加えた。縦74.4cm。横33.0cm。西本願寺蔵。
  • 安城の御影:1255年(建長7年)制作の寿像。画像。朝円が描いた。獣皮の上に坐す。高僧が獣皮の上に坐す図様は浄土真宗の伝承で法然が大原談義の時に門弟が慌てて敷物として獣皮を用意したことに由来するという。親鸞自筆の賛。『袖日記』によると専信房専海が所持。蓮如の裏書がある。口をすぼめた様子から「嘯の御影」とも呼ばれる。西本願寺蔵。縦129.5cm。横40.7cm。1479年(文明11年)制作の模作(蓮如筆の賛がある)も著名。
  • 安城の御影:1255年(建長7年)制作の寿像。画像。親鸞自筆の賛。『反故裏書』に「京都金宝寺より一幅献上されたがこれも安城の御影である」と記述されるものとされる。縦128.7cm。横40.7cm。真宗本廟蔵。
  • 熊皮の御影:獣皮の上に坐す。鎌倉時代の制作と言われてきたが、現在は室町時代の制作とみられる。真宗大谷派京都常福寺旧蔵。奈良国立博物館蔵。
  • 花の御影:画像。存覚が制作。正面を向いて合掌する姿を描く。京都・常楽寺蔵。1354年(正平9年/文和3年)制作。康楽寺浄耀が描いた。1667年(寛文7年)に親鸞の舎利を軸に収めたという。
  • 等身の御影:画像。正面を向く。有力末寺に限定して下付する「等身の御影(真向きの御影)」の原本。1477年(文明9年)の制作。蓮如が顕証寺順如に下付したもので、1776年(安永5年)新たな御影下付の際に本山に返還されたとみられる。西本願寺蔵。

伝絵

伝記を描いた絵巻。「親鸞聖人伝絵」などと呼ばれる。名称や構成は様々。本文部分は『御伝鈔』、絵だけを独立させて4幅の掛軸にしたのが「親鸞聖人絵伝」と呼ばれる。

  • 原本:現存せず。1295年(永仁3年)、覚如が制作させる。
  • 高田本:原本を1295年(永仁3年)12月に模写したもの。詞書は覚如筆。
  • 琳阿本:詞書は覚如筆。鎌倉の時宗向福寺の琳阿弥陀仏が所持していた。西本願寺蔵。
  • 康永本:1343年(興国4年/康永2年)覚如が再制作させた。のちの伝絵と御伝鈔(伝絵の詞書の部分)の基本形となる。詞書は覚如筆。真宗本廟蔵。
  • 弘願本:真宗本廟蔵。1346年(正平1年/貞和2年)の制作。詞書は善如筆。下総常光寺(廃絶)の伝来していた。
  • 定専坊本:定専坊蔵。『袖日記』にある「錦織寺絵」に該当する。南北朝時代。詞書は存覚筆。
  • 仏光寺本:仏光寺蔵。他にない「一切経校合」の段がある。親鸞帰洛説も記す。
  • 万福寺本:等々力・万福寺に伝来。西本願寺蔵。善光寺を大きく描く。
  • 願照寺本:愛知願照寺蔵。三幅仕立てが特徴で初期三河真宗の実態を伝える。
  • 「法然上人絵伝ならびに親鸞聖人絵伝」:備後・光照寺蔵。1338年(延元3年/暦応1年)制作。

墓廟

旧跡

京都時代

配流

東国布教

京都帰還の道

晩年の京都

年表

略年譜

  • 1173年(承安3年):日野で誕生(日野誕生院)。
  • 1181年(養和1年):慈円の下で出家。範宴と名乗る。
  • 1182年(寿永1年):恵信尼誕生。
  • 1201年(建仁1年):延暦寺を下山。六角堂に参籠して、聖徳太子の夢告を得た。法然に入門。
  • 1205年(元久2年):法然から選択本願念仏集の書写を許され、法然御影を授けられた。
  • 1207年(承元1年):承元の法難で、越後に流罪。
  • 1207年(承元1年)頃:恵信尼と結婚。
  • 1211年(建暦1年):赦免。
  • 1212年(建暦2年):法然死去。
  • 1214年(建保2年)頃:常陸に向かう。
  • 1224年(元仁1年):覚信尼誕生。
  • 1224年(元仁1年)頃:『教行信証』執筆。
  • 1232年(貞永1年)頃:京都帰還。
  • 1248年(宝治2年):『浄土和讃』、『高僧和讃』を著す。
  • 1255年(建長7年):安城御影を描く。
  • 1256年(康元1年):息子善鸞を義絶。
  • この頃、名号本尊を祀り始める。
  • 1257年(正嘉1年):『正像末和讃』を著す。
  • 1262年(弘長2年)11月28日:未刻、善法坊で死去。90歳。

死後の年表

  • 1262年(弘長2年)11月29日:延仁寺で火葬。鳥辺野の北大谷に埋葬された。
  • 1272年(文永9年):西の吉水の北辺に改葬。現在の崇泰院の地。
  • 1294年(永仁2年):親鸞33回忌。覚如、『報恩講式』を著す。
  • 1295年(永仁3年):覚如、『親鸞聖人伝絵』の原本を作成。
  • 1461年(寛正2年):蓮如、親鸞200回忌。
  • 1561年(永禄4年):300回忌。
  • 1611年(慶長16年):350回忌。
  • 1661年(寛文1年):400回忌。
  • 1711年(正徳1年):450回忌。
  • 1761年(宝暦11年):500回忌。
  • 1811年(文化8年):550回忌。
  • 1861年(文久1年):600回忌。
  • 1876年(明治9年)11月28日:明治天皇、親鸞に見真大師号宣下。
  • 1911年(明治44年):650回忌。
  • 1962年(昭和37年):700回忌。
  • 2011年(平成23年):750回忌。
http://shinden.boo.jp/wiki/%E8%A6%AA%E9%B8%9E%E6%97%A7%E8%B7%A1」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール