ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

毫摂寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年10月26日 (土)

移動: 案内, 検索

毫摂寺(ごうしょうじ)は、福井県越前市清水頭町にある浄土真宗本山寺院大町門徒(三門徒)系統の真宗出雲路派の本山で、越前四本山(証誠寺毫摂寺誠照寺専照寺)の一つ。京都・毫摂寺の後身であるとともに、証誠寺から分裂した寺院とも言える。江戸時代は天台宗青蓮院門跡院家だった。越前国今立郡。五分市本山。(参考:同名寺院毫摂寺_(同名)


目次

歴史

起源

毫摂寺の成立と変遷にははっきりしない点が多い。矛盾した記述も少なくない。 天福元年(1233)に親鸞が京都出雲路に設けた庵が起源とされる。 実質的には乗専が師の覚如の号の「毫摂」を与えられ、創建したのが京都・毫摂寺の起源。丹後に建てた同名寺院(丹後・毫摂寺)を京都に移したともいう。

越前移転

南北朝の戦乱(応仁の乱とも)を避けて末寺の横越証誠寺を頼りに善幸が越前に移った。 暦応3年(1340、興国元)、山本荘に移った。 永正15年(1518)後柏原天皇勅願所となり、仁和寺末となる。 天正3年、一向一揆に焼かれたので再び横越に戻ったともいう。 天正17年(1589)、後陽成天皇の勅願所となる。 同時に青蓮院門跡院家となる(元禄年間とも)。

証誠寺との分裂

慶長元年(1596)、多数末寺を連れて横越を離れ、五分市に移った(慶長8年頃ともいう)。証誠寺はほとんどの末寺を奪われたといい、 たびたび対立して抗争した。

歴代は花山院家や一条家の猶子となった。 寛永5年(1628)、落雷で焼失。安永3年(1774)、火災で焼失。天明6年(1786)再建。

近代

明治10年(1877)5月、失火で焼失。 明治5年9月、真宗本願寺派に属すが、明治11年2月、独立して真宗出雲路派を立てた。 明治17年8月再建。 (国史大辞典、日本歴史地名大系、世界大百科事典、日本仏教基礎講座)

伽藍

  • 阿弥陀堂:本尊は阿弥陀如来。明治17年再建。自作の聖徳太子像や七高僧を祀る。
  • 御影堂:本尊は親鸞。明治17年再建。歴代御影も祀る。
  • 経蔵

塔頭として教証寺、光闡寺、応信寺がある。

組織

歴代住職

歴代 法諱 院号 生没年 在職年 備考
乗専 1285-1357 和気氏。丹波国天田郡六人部出身。俗名は高橋盛永とも。毫摂寺の実質的な開山だが、歴代に数えられていない。覚如の弟子。元は禅僧で清範と称したという。丹波にも毫摂寺を創建。大和国吉野郡で檜川御坊円光寺・浄源寺・西方寺を、但馬国出石郡で乗専寺を創建。吉野郡平尾で死去。平尾徳善寺に墓。著作に覚如の伝記『最須敬重絵詞』がある。
1 親鸞 1173-1262 浄土真宗の宗祖。
2 善鸞 生没年不詳 親鸞の子。本願寺の伝承では異端を唱え、親鸞から義絶されたといわれる。
3 善入 1257-1320 覚如の子。正嘉元年(1257)生。元応2年(1320)9月10日死去。伝記不詳。『反故裏書』に記載。『大谷本願寺通紀』によると覚如の末子の菊寿丸(善性)が乗専の法嗣となったというが生没年が異なる。(真宗人名辞典)
4 善智 1285-1336 善入の子。弘安8年(1285)生。建武3年(延元元、1336)4月15日死去。伝記不詳。『反故裏書』ではこの時代に京都退転したという。善幸と混同されることが多い。(真宗人名辞典)
5 善幸 1310-1361 善智の子。延慶3年(1310)生。康安元年(正平16、1361)8月17日死去。この時代に京都から越前横越に移ったともいう。子の善秀は京都に残ったという。(真宗人名辞典)
6 善岌 1318-1396 善幸の子。文保2年(1318)生。応永3年(1396)6月25日死去。伝記不詳。(真宗人名辞典)
7 善教 1362-1428 善岌の子。生年は1362年説と1363年説がある。正長元年(1428)10月4日死去。伝記不詳。(真宗人名辞典)
8 善鎮 1389-1465 康応元年(元中6、1389)生。寛正6年(1465)2月17日死去。五分市豪摂寺の伝では善教の子。しかし「小浜豪摂寺系図」では善幸の子の善秀の子とする。『反故裏書』では1472年、本願寺蓮如に帰参して正闡坊と号す。実如の妻の如祐尼の妹と結婚。1519年、一家衆となった。不明な点が多い。晩年、陽願寺を創建したとも。(真宗人名辞典ほか)
9 善覚 1415-1492 善鎮の子。生年は1415年説と1425年説がある。伝記不詳。延徳4年(1492)3月18日死去。(真宗人名辞典)
10 善光 1454-1527 善覚の子。大永7年(1527)2月1日死去。1518年、権僧正。1521年、後柏原天皇勅願所。この時代に味真野に移転したという。(真宗人名辞典)
11 善秀 1499-1586 善光の子。1570年、山本荘の堂宇が兵火で焼失。横越に間借り。天正年間、豊臣秀吉から清水頭の土地を与えられた。1586年、柳原淳光の子を養子に迎えた。7月1日死去。(真宗人名辞典)
12 善照 1574-1650 柳原淳光の子。1586年花山院家の猶子となり、法嗣として入寺。翌年、法印。1589年後陽成天皇勅願所になるも同時に青蓮院門跡の院家となる。1596年横越から再び別立して清水頭に移転。証誠寺の伝では10世善寿の娘の伊与姫と結婚し、一時、証誠寺の法統を継いだともいう。慶安3年(1650)6月12日死去。(真宗人名辞典)
13 善舜 1590-1640 善照の子。寛永17年(1640)12月22日死去。伝記不詳。(真宗人名辞典)
14 善誉 1610-1647 善舜の子。正保4年(1647)7月12日死去。伝記不詳。(真宗人名辞典)
15 善休 1628-1703 ?-1669 善誉の子。元禄16年(1703)6月10日死去。1661年院家となる?。伝記不詳。(真宗人名辞典)
16 善冏 無量寿院 1653-1723 1669-1713 善休の子。1669年、就任して権律師となる。1677年、権少僧都。1693年法眼権大僧都。同年、青蓮院宮から紫衣着用を許された。1710年、花山院家の猶子。1713年退任して青蓮院宮から無量寿院の号を与えられた。享保8年(1723)8月5日死去。「善聞」は誤りか。(真宗人名辞典)
17 善准 智慧光院 1693-1744 1713-1744 初名は光宅。東本願寺14世の琢如の孫(越前人物志)。演慈院琢玄の子。東本願寺福井別院本瑞寺の僧侶だった。養子として入寺。花山院持実の猶子。1713年就任。同年、大僧都、紫衣着用免許。1732年、興正寺寂永の子を付弟とした。延享元年(1744)7月27日死去。しかし故あって7月9日死去としたという。(真宗人名辞典、越前人物志)
18 善栄 金剛寿院 1719-1793 1744-1793 諱は光照。京都・興正寺寂永の子。花山院常雅の猶子。幼名は頼丸。1732年、善准の付弟となる。1734年越前に下る。1744年就任。翌年大僧都、紫衣・三緒袈裟許可。親鸞500遠忌を執行。1763年権僧正。寛政5年(1793)11月21日死去。(真宗人名辞典)
19 善祐 徳寿院 1740-1817 1793-? 諱は光聴。善栄の子。1776年、花山院常雅の猶子となり大僧都。青蓮院宮から紫衣・三緒袈裟許可。院家となる。1793年継承。1799年退任。文化14年(1817)11月8日死去。(真宗人名辞典)
20 善雲 東福院 1771-1841 ?-1841 諱は光沢、光宅。善祐の子。子の男子3人が夭折したため、嫁いでいた三女の三保子を呼び戻しその夫を後継とした。天保12年(1841)4月3日死去。(真宗人名辞典)
21 善静 1797-1861 1841-1861 諱は光宴。福井藩家老本多家の出身。仏光寺昌蔵院広智の養子となり、後を継ぐ。豪摂寺善雲の三女三保子と結婚するが、三保子が呼び戻されるのにともない、1833年豪摂寺に移る。同年、青蓮院宮から善静の名を与えられた。花山院愛徳の猶子。 1841年継承。1861年退任。文久元年(1861)9月10日死去。(真宗人名辞典)
22 藤善慶(光暁) 智慧光院 1839-1916 1861-1871 善静の子。一条忠香の猶子。1851年得度。1861年継承。1871年退任。(真宗人名辞典)
23 藤善聴(光照) 巍徳院 1864-1920 1871-1920 善慶の長男。1871年得度継承。教導職試補となり、権中教正までのぼる。1878独立して初代管長。1900年、大谷派合同事件が起こり首謀者を処分した。大正9年1月10日死去。(真宗人名辞典)
24 藤光曜(善解) 大慈悲院 1895-1982 1920-? 善聴の子。東洋大学東洋哲学科卒業。1920年継承。昭和57年7月27日死去。(真宗人名辞典)
25 藤光永 1931-2015 ?-2015 昭和6年(1931)1月3日生。平成27年7月20日死去。(真宗人名辞典ほか)
26 藤光真 2015- 京都外国語大学卒業。龍谷大学大学院修了。

(『真宗人名辞典』ほか)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%AF%AB%E6%91%82%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール