ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

大谷祖廟

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年5月1日 (土)

移動: 案内, 検索
親鸞の遺骨を納めるとされる大谷祖廟

大谷祖廟(おおたに・そびょう)は、京都府京都市東山区円山町にある親鸞の墓廟。真宗大谷派の施設。浄土真宗本願寺派が管理する大谷本廟(西大谷)に対して東大谷と俗称される。 戦前までは御坊別院の格式を持った独立寺院で大谷御坊大谷別院と称したが戦後は東本願寺の組織に合併され、東本願寺が廃止された現在は真宗本廟の飛地境内となっている。大谷御廟大谷御廟所とも呼ばれた。

歴史

大谷祖廟中心部(国土地理院空中写真より)
大谷祖廟(国土地理院空中写真より)
大谷祖廟墓地(国土地理院空中写真より)
知恩院~八坂神社~大谷祖廟~高台寺~清水寺(国土地理院空中写真より)

1602年の東本願寺の成立に伴い、その境内の南西に親鸞の廟所が設けられた。同年前後の知恩院の大造営まで現在の崇泰院(勢至堂周辺とも)の位置にあった親鸞の墓から改葬されたとされるが詳細は不明である。

1653年、徳川家綱が現在地を寄進。 1670年、琢如が東本願寺境内からこの地に改葬した。七条にあった教如と宣如の墓も移した。 この地には元々は袋中の庵があったという。 1699年から整備が行われ、 1701年9月に墳墓改葬法要が、 1703年、御堂遷仏法要が営まれた。 御坊(掛所)としての組織も整備され、輪番のもとに補番、堂衆、列座などが置かれた。 護持のための講社として大谷講と女房講が設立された。 1745年に敷地が拡張された。 1748年、参道に石灯籠が並べられ、1857年、1862年にも参道が整備された。 東本願寺が火災で焼失した時には再建するまでの間、仏像宝物が移され、仮堂として機能した。

明治まで大谷御坊と呼ばれたが、1872年、大谷管刹。 1876年、大谷別院と改称。1952年、組織を東本願寺に合併し、その飛地境内となった。 東本願寺の廃止で現在は真宗本廟の飛地境内である。 (『日本歴史地名大系』など)

  • 墓所
  • 本堂
  • 納骨堂
  • 大谷共同墓地

資料

  • 「大谷本廟沿革考」[1]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E7%A5%96%E5%BB%9F」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール