ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

真宗大谷派

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年6月8日 (土)

移動: 案内, 検索

真宗大谷派(しんしゅう・おおたには)は、京都府京都市下京区の真宗本廟(旧東本願寺)を本山とする浄土真宗教団。戦後の大谷紛争の結果、浄土真宗東本願寺派嵯峨本願寺(真宗東派)、浄土真宗大谷本願寺派が分立した。


目次

寺院

組織

歴代門首

門首を称する。24世以前は東本願寺#組織を参照。真宗大谷派は東本願寺を廃止したので住職ではない。

歴代 法号 法諱 院号 生没年 在職年 略歴
24 闡如 大谷光暢 諦聴音院 1903-1993 1981-1993 本人は門首就任を拒絶していたともいう。
除歴 闡證 大谷業成
(大谷光輪)
1974- 1993-1996 鳥羽・本願寺に移ったため、就任を無効とされた。現在は光輪を名乗る。
(門首代行) 大谷演慧 1914-2008 1993-1996 光暢のいとこ。1962年(昭和37年)、式務局長。参務。1972年(昭和47年)、函館別院住職。1993年(平成5年)4月から1996年(平成8年)7月まで門首代行を務めた。2008年(平成20年)1月28日死去。
25 浄如 大谷暢顕 1930- 1996- 光暢の三男。1930年(昭和5年)生。1996年(平成8年)門首就任。
後継者 修明 大谷暢裕 1951- 日系ブラジル人。暢顕のいとこ。大谷暢慶(光暢の弟)の長男。1951年(昭和26年)8月17日生。2011年(平成23年)、鍵役及び開教司教に就任。

寺務総長・宗務総長

最初は寺務総長と称す。大谷瑩誠から宗務総長と改称。

  • 1篠原順明(?-1906)<1904-1904>:
  • 2石川舜台(1841-1931)<1904-1905>:
  • 3大谷勝信()<1905-1908>:
  • 4大谷瑩誠()<1908-1914>:
  • 5豅経丸(1868-1916)<1914-1915>:
  • 6阿部恵水()<1915-1920>:
  • 7稲葉昌丸(1865-1944)<1920-1920>:
  • 8阿部恵水()<1920-1924>:
  • 9安田力(1874-1962)<1924-1925>:
  • 10一柳知成(?-1938)<1925-1925>:
  • 11稲葉昌丸(1865-1944)<1925-1927>:
  • 12春日円城()<1927-1929>:
  • 13大谷瑩誠()<1929-1931>:宗務総長と称す。
  • 14阿部恵水()<1931-1936>:
  • 15関根仁応(1868-1943)<1936-1938>:
  • 16安田力(1874-1962)<1938-1941>:
  • 17大谷瑩潤(1890-1973)<1941-1945>:函館別院住職。衆議院議員。
  • 18宮谷法含(1882-1962)<1945-1947>:1945/1/18内局成立。1947/1/23辞任。
  • 19豅含雄(1896-1964)<1947-1949>:1947/1/23内局発足。1949/5/17辞任。大谷大学教授。
  • 20藤津契()<1949-1950>:1949/5/17就任。1950/6/15辞任。「藤津潔」とも。
  • 21浅平宗成()<1950-1951>:1950/6/15就任。
  • 22暁烏敏(1877-1954)<1951-1952>:清沢満之の弟子。1952/1/12辞表提出。
  • 23末広愛邦()<1952-1956>:1952/1/24内局成立。1956/2/14辞任。
  • 24宮谷法含(1882-1962)<1956-1961>:1956/2/14就任。再任。1961/6/26辞任。
  • 25訓覇信雄(1906-1998)<1961-1964>:1961/6/26就任。1964/6/8辞任。
  • 26蓑輪英章(1913-1976)<1964-1966>:1964/6/8就任。
  • 27訓覇信雄(1906-1998)<1966-1970>:1966/1/29就任。再任。1969/4/24開申事件。1970/1/31辞職。
  • 28名畑応順(1895-1977)<1970-1970>:1970/2/4内局発足。同年6/25辞職。
  • 29三森言融()<1970-1971>:1970/7/17内局発足。1971/6/24辞職。
  • 30星谷慶縁(?-1972)<1971-1972>:1971/6/30内局発足。1972/8/19在職中死去。
  • (臨時代理)遠藤合一():
  • 31鈴木悟()<1972-1973>:1972/9/14内局発足。1973/6/28辞任。
  • 32末広愛邦()<1973-1974>:1973/6/30就任。7/9内局発足。
  • 33嶺藤亮(1914-1990)<1974-1980>:1974/2/8総長に推挙されるが、管長が任命拒否。4/10総長任命の開申。4/16内局成立。1976/4/11管長に解任通知を送られるが、反論。
  • 34五辻実誠()<1980-1984>:1980/6/就任。大谷光暢管長と和解し11/8付で正式に任命される。
  • 35古賀制二()<1984-1989>:
  • 36細川信元()<1989-1994>:
  • 37能邨英士(1932-2008)<1994-1998>:
  • 38木越樹()<1998-2001>:
  • 39三浦崇()<2001-2003>:辞任。
  • 40熊谷宗恵(1938-)<2003-2008>:
  • 41安原晃()<2008-2012>:辞任。
  • 42里雄康意()<2012-2016>:2012/10/10就任。
  • 43但馬弘()<2016->:2016/12/19就任。

(38代まで『真宗人名辞典』ほか)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%9C%9F%E5%AE%97%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E6%B4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール