ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

法然旧跡

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2017年10月21日 (土)

法然から転送)
移動: 案内, 検索

法然(ほうねん)(1133-1212)は、浄土宗の開祖。彼の旧跡のうち、主なものは法然上人二十五霊場として巡礼地となっている。また各地にある墓所などについては法然墓廟を参照。法然は勢至菩薩の化身とされた。その他の浄土宗僧侶については浄土宗の諸師旧跡を参照。多くの大師号を持つ。慧光菩薩源空。忌日法要を御忌会(御忌)と呼ぶ。


目次

概要

略歴

信仰

御影

法然の御影については「みえい」と呼ぶ(親鸞に対しては「ごえい」)。「法然あたま」が特色。

  • 鏡の御影:金戒光明寺
  • 足曳きの御影:二尊院
  • 隆信の御影:知恩院。披講の御影。『四十八巻伝』などによると、後白河法皇の勅請で法然が『往生要集』を講じたときに、法皇が感激して藤原隆信(たかのぶ)に命じて描かせた画像。蓮華王院宝蔵に奉納されたという。知恩院蔵。
  • 張子の御影:粟生光明寺御影堂の本尊像。
  • 宝瓶(ほうびょう)の御影:播磨・十輪寺。頭上に示されている宝瓶は、勢至菩薩の象徴。『四十八巻伝』に法然自身の言葉として「法然の本地は勢至菩薩」と述べている。知恩院には1636年(寛永13年)に五十川某が描き、霊巌雄誉花押のある画像がある。
  • 念仏勧進の御影:高松・法然寺
  • 波乗りの御影:高松・法然寺
  • お胎籠りの御影:高松・法然寺
  • 血垂れの御影:当麻寺奥院の本尊。知恩院の最初の御影像と伝える。
  • 信実の御影:『四十八巻伝』に「空阿弥陀仏が藤原隆信の子の藤原信実に描かせ、今、知恩院にある」とある像。信実は『吾妻鑑』に後鳥羽天皇像を描かせたとも記され、その絵が残されている。知恩院蔵。
  • 三日月の御影:上弦の月を枠として半身が描かれている。現在の1月18日の御忌定式に掲げられる。宅摩澄賀筆。裏書によると、足利尊氏から海老名実秀が賜り、海老名康行が菩提寺の阿弥陀寺に預けたが、海老名九左衛門の手に戻り、中村多聞の手を経て中井氏成が1835年(天保6年)11月11日に知恩院に奉納されたという。知恩院蔵。
  • 転衣の御影:香衣の御影。浄土宗で初めて香衣勅許を後花園天皇から得た大誉慶竺(1403-1459)が描かせた御影で、この法然像は従来の黒染の衣ではなく、香衣を着用している。大誉慶竺は、香衣勅許を得たのは知恩寺19世時代のことであったが、知恩院21世となってから記念としてこの画像を描かせた。1626年(寛永3年)3月25日に京都弘誓寺から知恩院に寄進された。知恩院蔵。
  • 池の水の御影:法然の「池の水 人の心に似たりけり 濁りすむこと 定めなければ」という和歌を表した像。栄元筆。新義真言宗の如幻道空(1666-1751)が和歌を筆。知恩院蔵。
  • 二祖対面の御影:乗台筆。義山(1647-1717)が蔵していたが、1706年(宝永3年)1月10日に知恩院に寄進。法然が夢中で善導と会見したエピソードを描くもので、別幅で善導の御影と対となっている。知恩院蔵。
  • 月僊の御影:作者の月僊は、浄土宗の画僧。月仙とも。桜井雪館、円山応挙に師事。知恩院御影堂の像を写す。知恩院57世の檀誉貞現の文。知恩院蔵。
  • 古カンの御影:古カン(1653-1717)は、明誉虚舟とも言い、大和西岸寺を経て京都成虎報恩寺に住す。狩野永納に師事。1697年(元禄10年)の円光大師号下賜にあたり、『円光大師号絵詞』を作成。知恩院蔵。
  • 道恕賛の御影:1702年(元禄15年)11月の東大寺別当・安井門跡の道恕(1668-1733)の賛がある。道恕は法然を尊崇し、『法然上人行状絵図目録』を編纂している。この絵自体も彼の筆と推定されている。絵を狩野永納に学ぶ。知恩院蔵。
  • 伊達孝太郎の御影:念仏信者の伊達孝太郎が厚木天宗寺の小橋麟瑞の指導の下で作成。1935年(昭和10年)2月に完成。1965年(昭和40年)に知恩院に寄贈。800年遠忌記念の御影の卓上画集(成田俊治解説)に収録されたことから、近現代の代表的御影と評価されていると思われる。知恩院蔵。

習合

勢至菩薩の化身とされた。

その他

  • 御忌(ぎょき):法然の忌日法要のこと。天皇の勅許を得て執行されているためこう呼ばれる。

呼称

諡号

各教団での呼称

旧跡


http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%B3%95%E7%84%B6%E6%97%A7%E8%B7%A1」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール