ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

拝上帝会

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2022年2月13日 (日)

移動: 案内, 検索

拝上帝会は中国で起こったキリスト教系教団。太平天国という国家を建てた。洪秀全(1814-1864)はヤハウェを天父・上帝とし、イエスを天兄と呼び、自らを天弟としてイエスの弟と名乗った。清朝を支える儒教思想を排撃、弾圧した。上帝教。上帝会。

歴史

  • 1814年1月:官禄〓村で、洪秀全誕生。
  • 1833年:科挙落第。この時、中国人初のプロテスタント宣教師梁阿発の布教書『勧世良言』を入手。しかし気に留めなかった。
  • 1837年3月:3度目の科挙に落第。熱病にかかる。この間、老人の夢を見る。
  • 1843年:4度目の科挙に失敗。李敬芳に勧められ『勧世良言』を読み、かつての夢との符合を悟る。
  • 1843年7月:拝上帝会を創始
  • 1847年3月:広州でアメリカ人宣教師ロバーツのもとで学ぶ。しかし洗礼を受けることは拒否された。
  • 1847年8月:広西桂平県紫荊山で2000人の信者を獲得していた馮雲山と再会。
  • 1847年10月:広西桂平県で神殿神像破壊運動を始める。象州三江口の甘王廟、ついで紫荊山蒙冲の三聖宮を打ち壊した。
  • 1847年:馮雲山が投獄される。
  • 1848年4月:投獄で動揺が走る中、楊秀清が天父下凡の降霊儀礼。ヤハウェは洪秀全こそ「天下万国の真の主」と託宣した。
  • 1848年10月24日:鵬隘山で蕭朝貴が天兄下凡の降霊儀礼を行う。
  • 1850年7月:全会員に金田に集まるように密かに命じる。
  • 1851年1月11日:金田蜂起。天王を称して、太平天国の建国を宣言。のちこの年を太平天国元年とした。
  • 1851年9月25日:永安州城を陥落。10月1日、洪秀全入城。
  • 1851年12月17日:五王制度の詔。
  • 1851年12月21日:周錫能事件。楊秀清に天父下凡(託宣)があり、内通者を暴いて処刑した。
  • 1852年4月4日:永安州脱出の詔
  • 1852年6月10日:馮雲山戦死。
  • 1852年:蕭朝貴戦死。
  • 1853年1月:清朝の曽国藩、湘軍を組織。
  • 1853年3月:南京占領。3月29日、洪秀全入城。南京を首都として天京と改称した。年内に『欽定旧遺詔聖書』『欽定新遺詔聖書』を刊行。
  • 1854年:北伐軍敗退
  • 1854年:対儒教政策を緩和
  • 1856年9月2日:天京事変。内乱で楊秀清を粛正。
  • 1864年6月1日:洪秀全、崩御。
  • 1864年7月:天京陥落。
  • 1864年8月8日:李秀成処刑
  • 1864年11月18日:幼天王の洪天貴福、南昌で処刑
  • 1868年8月:残党も鎮圧される。
  • 1930年7月24日:国民党中央本部、太平天国について「粤賊」との表記を禁じる。

一覧

  • 天王府南京を占領して首都とし、天京と名付けた。天王の宮殿である天龍殿の奥に、イエスを祀る天兄殿、さらに奥にヤハウェを祀る天父殿があった。
    • 天龍殿:洪秀全の宮殿。その死後、宮殿の下に埋葬された。
    • 天父真神殿
    • 天兄真神殿
    • 天父台:天王府の南端にあった露天の円形祭壇。中国歴代王朝の天壇を彷彿とさせる。天台。
  • 曽水源墓:南京
  • 永安:最初の拠点
  • 蘇州
    • 忠王府:現存する数少ない太平天国の遺構。礼拝堂も付属。
  • 護王府:江蘇省常州市天寧区。礼拝堂はない?
  • 金華
    • 侍王府:壁画が残る。礼拝堂はない?
  • 上海
  • 武漢
  • 千人塚:湖北省黄石市陽新県。半壁山
  • 洪㳂三墓:洪秀全の祖先の墓。
  • 洪全福墓:香港墓地にある。



http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%8B%9D%E4%B8%8A%E5%B8%9D%E4%BC%9A」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール