ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

泰山

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年9月4日 (金)

移動: 案内, 検索

泰山(たいざん)は、中国の山東省泰安市にある道教の霊山。五岳の一つで東岳にあたる。皇帝の封禅の儀式が行なわれた。主祭神の泰山府君(東岳大帝)を祀った岱廟がある。しかし、現在は碧霞元君を祀った碧霞元君祠重点宮観)のほうがが中心的存在となっている。


済南から比較的近い。 仏教の地獄説が普及すると、泰山地獄説が生まれ、山麓に閻羅廟、森羅殿などが立てられたが清末に破壊。寿命を管轄すると考えられ、北宋の真宗が1009年に封禅したときに女神の石像をえた。天仙玉女と称して昭真祠を建てて祭った。明代に碧霞霊佑宮と称した。碧霞玄君を祀る碧霞宮で、いまでは長寿から子授けとなっている。

・周辺には普照寺竹林寺霊巌寺など仏教寺院も多い。 ・儒教においても泰山学派という学派があった。


唐朝では、高宗が初めて封禅を行った(唐朝では他の五岳でも封禅を行った)(土屋昌明、2002『神仙幻想』春秋社) 。


一覧

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%B3%B0%E5%B1%B1」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール