ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

岩手護国神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-)

2021年6月27日 (日) 時点におけるWikiSysopKARASUYAMA (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索
岩手護国神社

岩手護国神社(いわて・ごこくじんじゃ)は、岩手県盛岡市の盛岡八幡宮内にある、県内の戦没者などを祀る招魂社官祭招魂社内務大臣指定護国神社岩手招魂社仁王招魂社。占領期には岩手神社と改称した。

祭神

  • 2柱(創建時1869年(明治2年)11月2日)
  • 3万5394柱(靖国神社百年史)
  • 3万5772柱(全国護国神社一覧)

歴史

1869年(明治2年)11月2日、盛岡藩知事南部利恭が目時隆之進と中島源蔵の2柱を祭って岩手郡東茶野畑(現・盛岡市内)に創建した。目時隆之進と中島源蔵は明治初年に自刃した尊王の志士だという。『靖国神社誌』には1870年(明治3年)7月創建とある。

1875年(明治8年)、県令島惟精が県下に埋葬されている戊辰戦争戦没者8柱を合祀し、「官祭岩手招魂社」となった。1881年(明治14年)に盛岡城跡地の内丸公園に遷座し、1906年(明治39年)には盛岡八幡宮境内に遷座した。昭和に入って、現在地に新社殿を造営、1939年(昭和14年)4月28日に遷座した。遷座に先立ち、4月1日、内務大臣指定の「岩手護国神社」となった。「岩手県護国神社」にならなかった理由は不明。

1946年(昭和21年)5月20日に岩手神社に改称。1953年(昭和28年)4月9日復した。

境内社は存在しないが、霊璽簿奉安殿や戦没者遺骨奉安殿がある。平和の塔という記念碑もある。 境内施設として岩手県戦没者遺品館や盛岡八幡宮のものとは別に護国神社社務所がある。岩手県神社庁、岩手県遺族連合会(さくら会館)、盛岡市遺族会なども同域にある。 関連団体として岩手県遺族連合会、盛岡市遺族会のほかに岩手護国神社奉賛会がある。


  • 1869年(明治2年)11月2日:盛岡藩知事南部利恭が目時隆之進と中島源蔵の2柱を祭って岩手郡東茶野畑に創建。(『靖国神社百年史』)
  • 1876年(明治9年)12月:県令島惟精、戊辰戦争戦没者8柱を合祀。官祭岩手招魂社となる。(『靖国神社百年史』)
  • 1881年(明治14年)8月:内丸公園に遷座(『靖国神社百年史』)
  • 1906年(明治39年)11月5日:盛岡八幡宮境内に遷座。(『靖国神社百年史』)
  • :現在地に起工(『靖国神社百年史』)
  • 1939年(昭和14年)4月1日:内務大臣指定の「岩手護国神社」となる。(『靖国神社百年史』)
  • 1939年(昭和14年)4月28日:遷座祭。(『靖国神社百年史』)
  • 1946年(昭和21年)5月20日:「岩手神社」と改称。(『全国護国神社会二十五年史』)
  • 1953年(昭和28年)4月9日:「岩手護国神社」と復称(『全国護国神社会二十五年史』)
  • 1960年(昭和35年)10月10日:合祀概了奉告祭(『全国護国神社会二十五年史』)
  • 1961年(昭和36年)10月13日:幣帛料下賜。岩手行幸につき。(『全国護国神社会二十五年史』)
  • 1965年(昭和40年)11月2日:終戦20周年祭(『全国護国神社会二十五年史』)
  • 1970年(昭和45年)10月13日:昭和天皇・皇后参拝。幣帛料(『全国護国神社会二十五年史』)
  • 2005年(平成17年)8月15日:終戦60年戦没者追悼平和祈願祭。幣帛料奉納。(神社ブログ)


組織

現在地に遷座後は盛岡八幡宮が管理しているようだ。

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%B2%A9%E6%89%8B%E8%AD%B7%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール