ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

京都・尊勝寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年2月11日 (木)

移動: 案内, 検索

尊勝寺(そんしょうじ)は平安京郊外の白河殿に付属した堀河天皇御願寺六勝寺の一つ。現在のロームシアター京都(京都会館)の周辺にあった。西に得長寿院、東に京都・最勝寺があった。(参考:同名寺院尊勝寺


歴史

1102年(康和4年)7月21日に落慶。金堂、講堂、鐘楼、経蔵、中門、廻廊、東西五重塔、薬師堂、灌頂堂、尊勝陀羅尼堂、五大堂、観音堂が建ち並んだ。さらに1105年(長治2年)12月19日には阿弥陀堂、准胝堂、法華堂が加わった。1129年(大治4年)12月16日には「御堂」が完成。1174年(承安4年)8月6日に焼失。1185年(文治1年)7月9日の地震で、講堂、五大堂などが倒壊。1267年(文永4年)、亀山天皇の勅で円爾が修復。

1959年(昭和34年)以来、何度も発掘調査が行われており、遺構が出土している。 ロームシアター京都の前の二条通沿いに跡地を示す石碑がある。 (国史大辞典、日本歴史地名大系)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%83%BB%E5%B0%8A%E5%8B%9D%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール