ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

南禅寺金地院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年2月17日 (水)

移動: 案内, 検索
南禅寺金地院と金地院東照宮(国土地理院空中写真より)

南禅寺金地院は京都府京都市左京区の南禅寺にある臨済宗寺院。臨済宗南禅寺派臨済宗僧録。金地院東照宮がある。本尊は地蔵菩薩。開山は大業徳基。中興開山は以心崇伝江戸・金地院駿河・金地院も創建された。

梅津・長福寺の全塔頭、および河内真観寺河内・常光寺を兼務した。


組織

歴代住職(中世)

  • 大業徳基()<>:
  • 藍田崇瑛()<>:
  • 靖叔徳林()<>:

歴代住職(近世)

僧録を兼ねる。

世数 生没年 在職年 略歴
1 以心崇伝 1569-1633 1619-1633 1569年(永禄12年)生。1615年(元和1年)7月25日、幕府、金地院に寺社行政の権限を与える。1619年(元和5年)9月15日僧録司となる。1633年(寛永10年)死去。
2 最嶽元良 ?-1657 1635-1657 建長寺180世。南禅寺274世。以心崇伝の法嗣。1635年(寛永12年)3月(1633年(寛永10年)6月17日とも)、僧録司となる。1657年(明暦3年)4月15日死去。1695年(元禄8年)10月18日、勅諡「正宗大興禅師」号下賜。最岳元良。
3 竺隠崇五 ?-1697 1660-1673 南禅寺278世。最嶽元良の弟子。1657年(明暦3年)金地院住職。1660年(万治3年)4月、僧録司となる。1673年(延宝1年)10月17日、僧録司退任。1697年(元禄10年)6月23日死去。1715年(正徳5年)8月12日、勅諡「慈明広恵禅師」号下賜。竺院崇五。
4 剛室崇寛 1627-1697 1673-1697 南禅寺281世。最嶽元良の弟子。1673年(延宝1年)10月17日、僧録司。1691年(元禄4年)6月26日、特賜「仏慈普済禅師」号下賜。1697年(元禄10年)3月18日、僧録司退任。1697年(元禄10年)3月19日死去。71歳。元寛とも。
5 雲叟元云 ?-1711 1697-1711 南禅寺285世。剛室崇寛の弟子。1697年(元禄10年)3月18日、金地院住職・僧録司(すでにこの時、南禅寺住職)。1711年(正徳1年)9月11日死去。諡号は「仏性通応禅師」。
6 晦堂元晃 ?-1712 1711-1712 南禅寺286世。剛室崇寛の弟子。1711年(正徳1年)11月25日金地院住職。12月5日、僧録司。1712年(正徳2年)7月29日死去。晦堂光晃。
7 玉隠元札 ?-1733 1712-1713 南禅寺287世。剛室崇寛の弟子。1712年(正徳2年)9月12日、南禅寺住職・金地院住職。12月22日僧録司。1713年(正徳3年)12月、引退。1733年(享保18年)12月6日死去。
8 大川崇達 ?-1716 1713?-1716 南禅寺288世。豊臣氏。旗本木下利次の子。竺隠崇五の弟子。1713年(正徳3年)就任か。1716年(享保1年)11月26日死去。
9 乾巌元雄 1717-1741? 南禅寺289世。雲叟元云の弟子。1717年(享保2年)5月2日、金地院住職。5月28日、南禅寺住職。6月19日僧録司。南禅寺・東福寺で座禅結制の復興を実現する。1741年(寛保1年)まで?乾岩元雄。円通禅師。
(元海?)
10 香山元郁 ?-1747 1741-1743 南禅寺293世。竺隠崇五の孫弟子。大休元寥(大林元寔とも)の弟子。1741年(寛保1年)4月2日金地院住職。5月3日僧録司。1743年(寛保3年)7月29日、病気のため引退。1747年(延享4年)9月2日死去(16日とも)。
11 天桂元真 ?-1778 1743-1755 南禅寺297世。乾岩元雄の弟子。1743年(寛保3年)7月29日、金地院住職。8月24日、僧録司。1755年(宝暦5年)10月9日、病のため引退。1778年(安永7年)2月26日死去。
12 蒼溟元方 1755-1767? 南禅寺301世。乾岩元雄の弟子。1755年(宝暦5年)10月9日、金地院住職。11月16日僧録司。1767年(明和4年)まで?蒼溟元坊。方は「サンズイ方」とも。
13 煕叟元雍 ?-1787 1783-1787 天桂元真の弟子。1783年(天明3年)11月23日僧録司。1787年(天明7年)12月10日退任。12月16日死去。
14 章山元甫 ?-1803 1788-1803 南禅寺308世。乾岩元雄の孫弟子。中岩元紹の弟子。1788年(天明8年)5月23日、僧録司となる。1803年(享和3年)2月16日退任。26日死去。
(湿潮元洵?) ?-1804 ?-1804 1804年(文化1年)9月7日退任。9月16日死去。
16 中谷元梗 ?-1814 ?-1813 南禅寺310世。蒼溟元方の弟子。1813年(文化10年)11月退任。1814年(文化11年)9月6日死去。
17 月〓元澄 南禅寺311世。竺院崇五の孫弟子。大休元寥の弟子。(〓は「石間」。 月は日とも)
18 広叔元運 南禅寺313世。乾巌元雄の孫弟子。天寧元仙の弟子。
19 天嶺元珠 南禅寺314世。章山元甫の弟子。天齢元珠。1843年(天保14年)8月、僧録司就任か。
20 惟叢元弘 南禅寺318世。月〓元澄の弟子。
21 可庭徳亘 南禅寺322世。最後の金地院僧録。
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%8D%97%E7%A6%85%E5%AF%BA%E9%87%91%E5%9C%B0%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール